Publisher Studio

2014/05/31

ブルーインパルス

本日で56年の歴史に幕を下ろす国立競技場。
そのイベントとして17:30より都内にてブルーインパルスの展示飛行が行われた。

・・・とは言うもの実は昨日テスト飛行があり、更にネットを見ると展示飛行経路が
UPされていて、どこで撮影するのがベストなのか色々と書かれていた。

その中で気になったのは市ヶ谷にある防衛省の鉄塔を入れた1枚の写真。
鉄塔の位置と角度でおよその撮影場所を調べると、都営新宿線の曙橋駅にある
橋の上から撮影していたと推測。

他にはJR市ヶ谷駅の市ヶ谷橋の上から撮影するのも考えたけれど、
方向的に逆光になりそうだったので、初志貫徹で曙橋の上で撮影することにした。

ブルーインパルスの展示飛行が始まった17:30。
曙橋の上はたくさんの人で賑わった。

橋の右側か左側かで迷ったけれど、せっかく都内を飛行するのであれば建物を入れて
撮影したいと考え左側で待機。

17:34。
周囲の「来た!来た!」の声でブルーインパルスの登場。



むちゃくちゃ速ぇええ!!
しかし思った以上に音が小さいので飛んできているのが分からなかった。

やはり普段、厚木基地に着陸するF/A-18スーパーホーネットの爆音を聞いているので、
訓練機T-4のブルーインパルスは実に静かと感じた。
そのため飛行してくる方向が分かりづらく、気がついたら既に通り越していたんだよね。


次はUターンして再び反対方向から飛んでくる。
ビルの位置が仇となってアングル的に大失敗。
イメージ的には道路を挟んだビルとビルの間からの飛んでくると思ったんだけどなぁ。

再びUターンして鉄塔側。

さっきはもっと鉄塔側を飛んでいたのに、今度は少し離れた位置を飛行している。
さすがに同じラインで飛行するのは難しいのかね。

次のUターン飛行は更にビル陰に入ってしまった。

しかしスモークが切れた瞬間が見れたのは良かった。

もう一度ぐらいUターンしてくるかな?と思って10分ぐらい待ったけど、戻ってくる気配なし。
ツイッターを見ると「ブルーインパルス、無事に入間基地に着陸しました」とあったので、
結果2回の往復で都内上空での航空ショーは終了。

やっぱり視界が開けている市ヶ谷橋の上から撮れば良かったな・・・と後悔。
けど生まれて初めてブルーインパルスを見れたから良しとしよう。