Publisher Studio

2014/06/06

豚抜き?なにそれ?  【ラーメン二郎@相模大野 スモジ】



とあるサイトで「ラーメン二郎のブタ抜きが新しいトレンドになる可能性がある」と紹介されており、
ブタ(チャーシュー)を抜いてトッピングは全増しにすると、山盛りの温サラダスパゲティを
食べているようで二郎特有の「腹にたまる感じが全然ない」「ライトな美味さだ」と絶賛していた。

ブタ抜きねぇ・・・

別にわざわざ抜かなくても食べなければ良いだけのことだと思うし、ヘルシーを求めるのならば
ラーメンを食べること自体がヘルシーじゃないよな。
というか、スモジで「ブタ抜き!」なんて注文をしようものなら確実に親方が岩るか、スモジ劇場が
開演されて店内の空気が凍りつくわな。(と言いつつ滅多に見れないスモジ劇場に期待したりして)

しかしそんな記事を読んでいたら無性に二郎が食べたくなってしまったので、
1ヶ月ぶりにラーメン二郎の相模大野に行ってきた。

平日でしかも雨の日なので並びはゼロ。
注文はトッピング増し無しのラーメン(そのままVer)


今日の麺は茹で過ぎたデロ麺ではなく固めに茹でられていてプツンとした歯ごたえ。
つけ麺の時のような食感でオレ好み。
スープはしょっぱく背脂も大量に浮いている。まぁ脂は避けて食べるので問題なし。
ただ麺にスープの味が染み入っているので、天地返しで食べないとしょっぱすぎるかな。
(天地返しは野菜の下に埋まっている麺を出して野菜の上に置く食べ方)

ブタはパサ豚。
歯の隙間に挟まる繊維質がたっぷりの豚。でもオレはこのパサ具合が好きだ。
たまに肉より脂身が多い時もあるけどね。
それと気のせいか豚が小さくなっているような?厚みも以前と比べて薄くなっているような?



そもそもラーメン自体の量も以前と比べて減ったような気がする。
昔は「お腹いっぱいで苦しくてもうダメ~」となっていたのに、今はそんなことは無し。
表記では「ラーメン300g」「大盛り450g」「少なめ210g」とあるけど、300gってこんなもんだったっけ?
でも今ぐらいの量のほうが無理せずに食べれて良いのだけど。

ところで今日たまたまかもしれないけれど、やけにカップル客が多かった。
やはり2人で隣同士に座れるってのと、変な緊張感がアトラクションみたいで面白いのかも。
オレも奥さんと一緒に行った時に「殺伐とした空気の中でみんな黙々と食べてて面白い」とか
言ってたもんな。