Publisher Studio

2014/06/08

網殿で地引網 【片瀬江ノ島】



奥さん友達からのお誘いを受けて、今日は片瀬江ノ島海岸で地引網。
天気は曇のち雨の予報だったが小雨程度なら決行するとのこと。
いざとなったら地引網はせずともBBQが楽しめるので参加してきた。

場所は江ノ島水族館近くにある地引き網漁「殿網」さん。
ブルーシートでテントを作ってあるので濡れる心配はないようだ。

現地に着くと既に大勢の人で賑わっている。
幸い、天候はたまに小雨が降る程度で概ね曇り空。



まずは軽くビールとイカ焼きとトウモロコシで乾杯。
海を見ながら飲む昼間のビールは最高です。
続いて江ノ島では有名なシラスのお店「とびっちょ」のしらす入りさつま揚げ。
醤油を付けなくても塩味が効いていて美味い。あっという間にビール2本を空ける。
ただあまり飲み過ぎると地引網を引っ張るのがメンドクセーになるので我慢。

そうこうしている間に小雨が降ったり止んだりで肌寒くなってきた。
恐らく海風で体が冷えるだろうと予想していたので、持ってきたバーナーでお湯を沸かし
コーヒーで暖を取る。
こういう時にコンパクトなPRIMUSのP-153とトレックケトル&パンは重宝するんだよね。
(P-153とCBガス缶がトレックケトル&パンの中に全て収まる)
海辺だから風よけの風除板も必須。これが有ると無いとではお湯の湧く時間が雲泥の差。






小雨が上がると本日のメインイベントである地引網の開始。


以前は電動モーターみたいな機械で地引網を引っ張っていたのだけど、
今回は全て手動で網を引き上げる。これぞホントの地引網だ。
大人は子供の写真撮影に回ってしまうので、主に引っ張るのは子どもたち。

ところで6月という時期に何が捕れているのだろうか?
恐らく小鯖、しらす、イワシぐらいだろうと思いきや、巨大エイが3匹も捕れていた。


漁師さんが「毒があるから近づかないで!」と大きなペンチで引きずり出し、
ナタを使って毒のある尾っぽの部分を切り落とす。

それとまさかの黒鯛が3匹。これって仕込み?と思ったけど、どうやら違うとのこと。すげぇ。
地引網で黒鯛が捕れるのか。サイズは40cm弱ほどで意外と大きい。


大まかな魚を取り出し、更に漁師さんが毒のある魚(ゴンズイやオニオコゼなど)を
全て除いたら、子どもたちお待ちかねの魚取り。



息子の取った魚たち。
キスにサバっ子、イワシにイカまで。これってヒイカなのかな?

先ほど捕れたばかりの黒鯛を刺身で頂く。
身が締まってねっとり甘く実に美味い。思えば黒鯛を食べたのって初めてかも。

地引網が終わる頃には青空が見えてきた。
最後の締めビールを頂きながら、お土産の釜揚げしらすパックを貰っての終了となった。

大人は地引網よりもBBQがメインだったけれど、子どもたちが楽しそうに地引網を引いて
海辺で遊んでいる姿を見るのも良いもんだと思った。