Publisher Studio

2014/08/07

からそば

随分前に秘密のケンミンSHOWで、石垣島B級グルメとして紹介されていた「からそば」を、
今更だけど無性に食べたくなってしまった。

沖縄県民を裏切らない手抜き料理のからそばは、八重山そばにサバ缶を入れて混ぜるだけの
超お手軽簡単料理とのことで、早速、ぽっぽ町田にある沖縄ショップ「沖縄宝島ぽっぽ町田店」に
行ってみた。
沖縄そばは置いてあるけれど、八重山そばは置いていない。
しかも麺には「むし」と「ゆで」の2種類があり、よく分からないので店員さんに「沖縄そばでも
からそばって作れますか?」と聞いてみたところ、沖縄そばでも問題なく作れるとのこと。
そして買うなら「ゆで」の方が簡単ですと教えてもらった。

ちなみに八重山そばと沖縄そばの違いを聞いてみると、八重山そばの方が細麺で
コシが強いそうだ。
茹でていない生麺なら有りますけれど沖縄そばでも代用できるので、
茹でた沖縄そばを買うのをオススメしますとアドレスを受けた。
ちなみに電子レンジで少し温めてから、サバ缶やシーチキンと混ぜて食べるのが美味しいらしい。


・・・というワケでさっそく沖縄そば、さば味噌、さば水煮の缶詰を購入。
勢いで1kg入った5袋入りのものを買ってみたけど、からそばが不味かったら
普通に茹でて食べよう。


沖縄そばは茹でても良いし電子レンジで温めても良いとパッケージの後ろの書いてあった。
というか、茹でる時間が15秒って短いな。お湯を沸かすまでが手間じゃんね。
ちなみに製造者は「サン食品」というところ。沖縄そば生産量日本一の食品メーカーなんだって。へー

作り方は簡単。
沖縄そばを電子レンジ1000Wで50秒温めたら、サバ缶(今回は味噌味)をぶっ込んで混ぜるだけ。
最初は缶詰1個を全部入れたら量が多いかな?と思ったけど、麺200gに丁度よい分量だった。
また缶詰の汁は全て入れる。沖縄そば自体に結構な油があるね。
もともとの袋に入れて混ぜても良かったけど、少し小さいので大きめな袋に移し替えてモミモミ。
なんたるワイルド料理なんだ。いや、これを料理と呼べるのかさえ謎。

石垣島の人たちはお皿に盛りつけずに直接袋の中から食べていたけど、
流石にそれは写真を撮るビジュアルが悪いので、上品に皿の上に乗せて撮影。
ついでにネギを添えてみた。
どことなく見た目は油ソパっぽい感じ。

肝心の味なのだけど、さばみそ缶の甘しょっぱい汁が沖縄そば全体に絡まり
なんとも言えない不思議な風味だが、一口、二口と食べていくとクセになる。

また沖縄そばの周りに付いた油が良い感じにベトついて喉越しも良くツルツル食べれる。
それと麺のコシと太さが妙にマッチしているのだ。
更に刻んだネギが非常に良いアクセントとなって食が進む。ネギは必須だね。
ネギが有るのと無いのでは大違いだろう。

そう考えると一手間かけてノリを乗せたりシナチクを乗せたりと油そばのトッピングを
真似しても良いのかもしれないな。
ただそこまえでやると簡単料理の枠を外れるので、やっぱりシンプルに缶詰とネギを一緒に
混ぜるぐらいがちょうど良いのかもね。

大絶賛!毎日でも食べたい!!ってほどの味ではないけれど、酒のツマミで1品とか
料理をつくるのが面倒くさいって時は、からそばにするのもアリだね。
(ただ沖縄そば(八重山そば)を手に入れるのが難しいって話もあるが・・・)