Publisher Studio

2014/12/16

【カレーだけは美味かった】 ほうき屋@相模大野



奥さんが残業で遅いという連絡があり今夜は息子と2人で夕食。
娘は年頃なので親と一緒に外食はイヤなのだそうだ。

訪れたのは相模大野ロビーシィティ交差点の近くにある「ほうき屋」というラーメン屋。
息子曰く「保育園でお出かけの時にお店の前を通って気になっていた」とのこと。
ラーメンと言えば家系もしくは二郎が多いので、この手のラーメン屋に入るのは久しぶり。

木製の扉で覆われた外観の入口には赤提灯が下げられて一瞬「居酒屋か?」と思わせる佇まい。
よくここがラーメン屋だって知ってたね?と聞いたら「らーめんって書いてあるじゃない」と一言。
なるほど入口メニューにはラーメンって書いてあるわ。

オーダーは食券制。
店内に入る前に入口メニューを見ながらオレは塩ラーメン(650円)息子は醤油ラーメン(650円)
更にセットメニューの200円増しで牛すじカレーを1つ追加。※写真は店内にあったメニュー表

広々とした空間の店内は横長テーブル席とカウンター席のみ。
コンクリート打ちっ放しの床と木を基調にした内装はオシャレ居酒屋みたいだ。



ほどなくして最初に「牛スジカレー」が運ばれてきた。
セットメニューなので期待はしていなかったけど思った以上にご飯の量が多い。
ただしカレーのルーは少なめ。とは言え200円と考えれば安い。ランチなら100円だもんね。

目に見える具は牛すじのみでサラッとしたスープカレーのよう。
若干のスパイスは感じるけど辛みは少なく保育園の息子でも食べられる味。

続いて「しおらーめん」の登場。

塩なのでスッキリ透明なスープかと思ったらドロッと白濁している。
(後から知ったのだけど牛骨で出汁を取っているお店だった)

ひとくち飲んでみると塩というより脂の味が強くサッパリ感は皆無。
トロリ濃厚な味わいでパンチがありすぎて飲んだ後の締めには向かないかな。
ちょっとスープの量が少なく食べ終わる頃には殆ど無くなっていた。

麺は中太ストレートでツルツルした歯ごたえ。
気持ち柔らかめだなーと思いながら食べていると後から来た客が「麺を硬めで」と注文していた。
麺の硬さを調整してくれるのね。どこにも書いてないから知らんかった。
トッピングはメンマ、ネギ、牛すじ。
牛すじは脂身が多くて好みが分かれる。メンマはコリコリした歯ごたえで美味い。

最後に息子の感想を聞いてみると「美味しいけど喉が渇く。ちょっとしょっぱい」とのこと。
確かに牛骨スープのラーメンなんて食べたことないもんね。
少し貰うと醤油は牛すじ煮込みっぽい味わい。真っ白なご飯が欲しくなる系。
オレは塩より醤油の方が好みかも。