Publisher Studio

2014/12/06

Plantronics Backbeat Go 2 イヤーチップ交換

先日購入したBluetoothステレオヘッドセット「Plantronics Backbeat Go 2」の
インナーピースをダイソーで売っているスペアインナーフィックス(白)に交換してみた。


理由は純正のインナーだと左耳はジャストフィットするが右耳だけ微妙に大きくて
歩いて音楽を聞いていると落ちそうになってしまうからだ。
実際に耳から外れて落ちたことはないが、なんとなく気にしながら使うのも面倒なんだよね。





ダイソーで売っているイヤーチップ(インナーキャップ)の穴の直径は4mm。
Plantronics Backbeat Go 2純正のイヤーチップの穴の直径は6mmと少し大きい。

高さも2/3ぐらいしかないため、全体的に小さい感じ。
チップをイヤフォン部分に差し込むのに多少キツイがシリコン製で伸びがあるので、
強引に入れれば付けられる。むしろ硬い分、脱落の心配はなさそう。

下のイヤーチップがダイソー製で上のが純正品。
一回り小さくなって耳の穴にしっかりフィットする。
しかも今まで以上に遮音性が高くなり、少しの音量でも十二分に聞こえる。
気のせいか低音が良くなって心地よい音になった。

インナーは大・中・小とあり、ひととおり全てのサイズを付けてみたのだけど
オレの耳に一番フィットしたのは中のMサイズだった。
女性であれば小のSサイズを付け替えれば良いと思う。

新品価格
¥6,152から
(2014/11/13 17:29時点)
買ってから1週間ほど経ったけど、今のところ動画や音楽を聞いていて音飛びがあったり
接続が切れたりしたことは一度もない。
バッテリー容量についても3~4時間は余裕で持つので、行き帰りの通勤では問題なし。
最初の数日は万が一を考えて有線のイヤフォンを持ち歩いていたけれど必要なくなった。

電車内や外で周りの雑音が気になる人は遮音性が高くなるダイソーのスペアインナーフィックスを
強くオススメしたいと思う。ただあまりにも遮音性があって周りの音が聞こえないのも問題だけどね。