Publisher Studio

2015/01/04

年賀状の辞退

年賀状を今年は20枚送って18枚の回収。
こうやって毎年少しづつ枚数が精査されていくのだ。

思えば学生時代はアニメサークル関係で年賀状のやりとりが多かったけど、
就職してサークルを抜け、今度は全国にいる同期と数年はやりとりが続き
あまりに人数が多いので、「来た人にしか出さない」という方法をとってみたら
一気に年賀状のやりとりが減ったんだよね。

この方法が良かったのか悪かったのか、結果的には精査されて今に至るのだが
単に年賀状のやりとりだけの付き合いの人も中には居るワケで、
仮に家族写真でも載っていれば「今はこんな様子なのね」と分かるけど、
一言メッセージもなく印刷されたモノを送ってくるだけなら別に要らないかなと思ったりして。

そんな話を正月に奥さんの実家で話していたら、義父があまり親しくない人の場合は
「年賀状のやりとりは今年で失礼する」みたいな内容を書いて送っていると言ってた。

マジっすか!それって相手に対して失礼なんじゃ・・・とよくよく聞いてみると、正確には
「古希を迎えました故、今年で年賀状は失礼したいと思います。今までありがとうございました。
今後もお元気で」とメッセージを書いて送っていると言っていた。



なるほどね~年賀状の辞退なんてあるんだね。
確かに年賀状だけの付き合いの人の場合は音信不通になるよりは良いのか。
ただオレの場合はそういうワケにもいかないので今後もダラダラと続くのであろう。

そう考えると唯一のお楽しみはお年玉くじだな。


ちなみに今年はオレ20枚送って18枚、奥さん60枚送って68枚、娘8枚送って5枚だった。
特に奥さんの場合は職場関係の人からイレギュラーで来てて焦っていたっけ。