Publisher Studio

2015/03/28

親子で江ノ島フォトウォーク 

本来の予定であれば家族旅行で山梨に行くはずだったのだけど、
昨日より息子がインフルエンザになってしまい泣く泣く断念。

すると娘が「天気が良いから江の島に行って猫の写真を撮りたい」と申し出てきた。
なんでも江ノ島の猫は人懐っこいので簡単に触れせて貰えると友達に教えてもらったそうだ。

そこで奥さんと息子は自宅で、オレと娘の2人だけで江の島まで行くことになった。
思えば娘と2人だけで出かけるなんて何年ぶりだろう。ちょっとウキウキしてしまった。

現地に12時過ぎに到着。
駅前のコンビニで適当なお弁当と飲み物を購入し親子で江の島内をフォトウォーク。
ちなみに娘のカメラはオレのお下がりで譲ったPENTAX K100D。
それなりに写真を撮りに行っているだけにオレよりも良い写真を撮るんだわ。
本人曰く「写真なんて写していた年数とか関係ないし。センスだし」と生意気な事を言うが、
確かにセンスがあると親バカ補正を抜きにしても思ったり。

今回は娘のお供で来たので主な被写体はカメラ女子している娘の様子を撮影。
あとは適当に江の島の雰囲気を撮影。珍しく50枚も撮らなかったな。







そういえば江の島は観光地だけあって食べ物の物価が高いね。
雰囲気で炉端焼きを食べそうになったけどハマグリ1人前で1,600円は高すぎでしょ。
お弁当と一緒にビールとツマミを買っておけば良かった。今度は絶対に買っていこう。

帰り際に娘から「また一緒に行こうね。今度は谷中銀座の猫を撮りに行きたいね」と言われた時は
嬉しかったな。たまには娘と一緒に出かけるってのも良いもんだね。