Publisher Studio

2015/05/09

うめぇ~!絶品108円のカスタードクリームパン 鎌倉ベーカリー

相模大野ロビーファイブにある感動の100円パンで一躍有名になった鎌倉ベーカリー。

本来の営業時間は19時だけど、毎回18時過ぎには全ての商品が完売してしまうため、
実質18時頃が営業終了時間となっている。
雨が降った日は多少客足が鈍るので18時半過ぎまで商品が残っていることもあるけど、
なんとなく売れ残りっぽいのでスルーしているってのもあるが。

さて、鎌倉ベーカリーと言えば一部で絶賛されている看板メニューのクリームパンが
土曜日の昼間ならば買えると聞いたので早速訪れてきた。
正直な話、人気なのは最初だけで1ヶ月もすれば客足も少なくなるかと思っていたが、
その予想は大きく裏切られ常に行列の出来る人気店となっている。

過去に何度か食べたけど所詮は108円なので味やクオリティはお察し・・・ではなく、
どれも普通に美味しかったのが人気の理由になっているのだろうな。この値段でこの味は凄いよ。
しかも焼きたてなので、タイミングが合えばホカホカなパンを食べることも可能。

パンのラインナップメニューはこんな感じ。全部で80種類はあるそうだ。



オレの中では幻だったカスタードクリームパンをやっと買えることができる。
パンが柔らかいためトングで持ち上げるときは気を使う。
なお、一部108円ではないパンも置いてある。
食パン1斤が324円、フランスパンは216円だった。




店内が狭いので混雑時は人に押されてトレーを落とさないように注意が必要だね。
あと小さな子供にトレーを持たせるのは落とすリスクが高いので止めた方が良いかも。

店内の中央にあるセルフの袋詰めカウンターで予め商品をビニール袋に入れておくと
スマートに会計を済ませることができる。

店の外には木製のテーブルがあるので温かいうちに食べている人の姿もチラホラ。
今ぐらいの爽やかな季節は中央公園の芝生に持って行って食べるのも良いかもね。

ではでは人気のカスタードクリームパンを食べてみた感想。
(写真では伝わりづらいけれどパンの照りが凄い)
先ほども触れたがトングで持ち上げる時にパンのあまりの柔らかさに驚いたが、
実際に手で持ってみるとパンが中央で千切れるんじゃないか?と心配になる。

2つに割ってみると中身のカスタードがたっぷり詰まっているのがよく分かる。
しかも端っこまでみっちり。よく見るとバニラビーンズも入っているのね。

肝心の味だけど、めちゃくちゃトロトロで濃いカスタードに衝撃を受けた。
ホントにこれで108円?安すぎるだろ。人気ナンバーワンなのも納得の旨さ。
これは売り切れ必須なのも分かるし、リピーターが多いのも分かるわ。

他に購入したパンは生チョコ仕立てのスイートショコラとクルミパン、BLTサンド。


BLTサンドは程よい堅さのフランスパンにベーコンとトマトとレタスがこれまた絶妙な
塩加減で挟まっていて美味い。サイズが少し小さいので1個ペロリと完食。
生チョコとクルミパンは奥さんのお土産に取っておいたので味は不明。
ただどのパンも美味しいと絶賛されているので、おそらく美味いのだろう。

惜しまれるのは鎌倉ベーカリーの開店時間が9時からというところ。
もっと早い時間帯ならば通勤途中に買って昼食に出来たのだけどね~