Publisher Studio

2015/05/14

フタからはみ出す唐揚げ こがね弁当

今夜は奥さんが会社のレポート発表会で帰りが遅くなると連絡あり。
併せて娘は学校行事2泊3日で静岡までキャンプ合宿。

そこで夕食はヨシケイのメニューではなく外食したい気分だったのだが
息子が「外に行くのめんどくさい」「家にあるものでイイ」とつれない返事。

料理を作る気分じゃないので「スーパーの寿司でも良い?」と聞くと
「コガネの唐揚げ弁当が食べたい」とのリクエスト。実に安上がりだ。

事前に電話予約で「唐揚げ弁当(470円)」を2つ注文。
あらかじめ食べたい弁当が決まっていれば電話予約がオススメ。

参考に平成27年6月末まで有効の店売り専用メニューがこちら。
(6月末とはあるが実際ラインナップはたいして変わらない)

ちなみに店頭メニューでは数量限定の単品いわしフライ(80円)、焼肉屋さんに
美味しいレシピを教えてもらいましたと書かれたやわらかホルモン弁当(540円)
ダブルカツの特製ソース丼(530円)など紙メニューに書かれていない弁当もあり。

店頭だとゴチャゴチャとメニューが張られているので迷ってしまうのが難点。

フタが閉まらないほどの巨大な唐揚げは健在。相変わらずのビジュアルである。

カリコリ食感の衣は醤油ベースの強い秘伝タレで揚げられて肉汁を閉じ込めている。
もちろん柔らジューシーなもも肉を使用。個人的に付属のカラシを付けて食べるのが良い。
同じく付属の醤油だけど、これはキャベツに垂らして食べても美味い。

そもそも千切りキャベツに醤油は邪道、ソースこそ王道と思っていたのだが、
意外や意外で醤油もさっぱり食べれて美味いと言うことを知った。
まぁソースが付いてくれて普通にソースを垂らすんだけどね。

息子いわく「ほっともっとの唐揚げより美味しい!」と絶賛。オレもそう思うわ。
こがね弁当の唐揚げをつまみにビールを飲む。ささやかな晩酌だけど至福のひとときだね。