Publisher Studio

2015/05/24

【ケータイ補償】 ドコモのケータイ補償サービスを使ってみた

数週間前より娘が使っているガラケー「SHARP SH-11C」の内部塗装がペリペリと剥がれ始め、
3日前にはとうとう外装の一体が剥がれ取れ落ち、それに併せたかのように液晶画面も
映らなくなってしまった。

娘に「落とした?」と聞いてみると「落としたことはないし、そもそもiPhoneばかり使っていて
携帯電話なんて滅多に使わない。気がついたら剥がれてた」とのこと。

確かにスマホばかりでガラケーを使っていないのは知っていたが、
さすがに壊れたままでは困るだろう。

幸いなことに娘のガラケーは月々380円のドコモのケータイ補償サービスに加入済み。
しかも「保証対象の故障時は、ご購入から3年間注意3無償で修理」と書いてある。
ギリギリ3年以内なので近所のドコモショップで無償修理の受付に行ってきた。

症状としては外装の剥がれと液晶画面の不具合。
しかしSH-11Cは防水・防塵携帯なのにも関わらず、なんで内部塗装が剥がれたのか。
そもそも防水ならば塗装が取れることも無いのに不思議だわ。

さっそくドコモの受付で症状を話してみると「外装の交換なので有償になります」とのこと。

え?防水携帯なのに内部の塗装が剥がれ落ちてカバーが取れちゃったんだけど。
ついでに液晶画面が真っ暗で映らなくなっちゃったんだけど、それも有償なの??と聞くと、
「液晶画面が映らないだけならば無償で交換だが、外装の剥がれ(破損)は有料」だと言う。

マジかよ、てっきり無料で交換してくれると思ったのに金を取るのかよ・・・
それってケータイ補償サービスに加入していた意味が無いじゃんね。
てっきり3年以内ならなんでも無償で修理してくれるものばかりだと思っていたぜ。

そこで「修理なさいますか?」と聞かれて料金を教えてもらうと5,400円だと言う。
殆ど使っていないガラケーに5,400円は高い気がするので、一旦保留ということで持ち帰った。

帰り際に「ケータイ補償お届けサービスセンターに直接電話すればドコモショップに出向くことは
無い。年中無休で受付は9時から20時まで」と教えてもらう。

帰ってよくよく調べると修理代金はドコモポイントで支払いが可能ということを知る。

現在15,000ポイント近くあるうち今月末で有効期限が切れるポイントが5,000ポイントあるので
それを割り当てることにした(去年は5,000ポイントでレストランランチクーポンにしたんだよね)

受付時間内だったので電話にてオペレーターに連絡。
機種名と外装と液晶の症状を伝えると、やはり有料交換となると言われる。まぁしょうがない。
ただ今までずっとケータイ補償サービスを利用していないので料金は4,500円になるとのこと。
ちょっと割り引いてくれたのね。
なお、壊れた携帯電話を10日以内に送り返さないと違約金が発生するので忘れないように注意。

・・・で本日。新たなSH-11Cが到着。




リビルト品なのか?と思ったが、どうやら新品っぽい。
3年使って電池持ちの悪かった電池パックも新品になった。

最後に黄色い封筒に以前の携帯電話を入れて発送。
ひとまずこれで新品になったSH-11C。
娘にはiPhoneがあるので、これはオレが譲り受けることにした。
仮にZenFone2を買った場合に2台持ちになる可能性もあるので、そうしたら活用しよう。

もうケータイ補償サービスは使うことはないので、すぐさま解約。
来月になったらまた380円取られちゃうもんね。