Publisher Studio

2015/05/03

国内最大級のゴーカート 千葉こどもの国 キッズダムに行ってきた



今日は朝から子どもとお出かけスポットである千葉こどもの国キッズダム。

・・・の予定だったけど息子が車内で戻してしまい、急遽市原のしまむらで買い物。
奥さんが「車の中でDSやってると酔うよ」と言うのも聞かずの結果なので、しゃーない。
まぁこれで一つ学んだので良しとしよう。

さて大幅に予定が狂ってしまったが10時半頃に現地周辺に到着。
予想はしていたけれど駐車場は大渋滞。30分ほど待たされて臨時駐車場に停める。
ちなみに駐車場代は300円。下が芝生だけど枠線が引いてあるので無法地帯では無かった。

こどもの国の入口に到着したのは11:30
駐車場と同様でチケット売り場も混雑が酷かった。

発券機と窓口の2ヶ所があり割引チケットを持っている人は窓口じゃないと割り引いてもらえないため、
そっち側は長蛇の列が出来ていた。
割引チケットなど無いので自販機の方で買ったけど、それでも15分は待ったな。

何はともあれ一番混雑が予想されるゴーカートに乗ろう!と提案するも、入口近くにあった
わたあめ販売機で糖分を補充。
1回100円とリーズナブル。そもそもわたあめの値段なんてそんなもんか。
屋台のパッケージ入りが高価すぎるんだよね。
ちなみに初めてわたあめ作りをした息子、意外と上手に丸くできていた。センスあるわ。

やっとのことでゴーカート場に並ぶ。
ちょうどお昼の時間帯だったので待った時間は40分ほど。それでもやっぱり長いよね・・・
ちなみに千葉こどもの国のゴーカートは日本最大級の走行距離とのことで1,5kmもある。
1,5kmなんて大したことないだろ・・・と思っていたが、実際に走行してみると確かに長い。

単調なストレートだけではなく急カーブやシケインっぽいのもあって本格的。
エンジンパワーもそこそこあるので免許保有者しか運転できないのも納得した。
これ、もう少しトップスピードが出たら大人が運転しても怖いかも。でもすっげー楽しい。
ゴーカートのハンドルが2つともリアルに動くので息子も運転できて楽しかったそうだが、
むしろオレや奥さんのほうが楽しんでしまった。待ち時間が短ければ2~3回乗っても良いな。

昼食は持参してきたお弁当。
みんな日除け用に芝生にテントを張っている。
芝生遊びをするのならテント持参もありだけど、レジャーシートさえあれば日陰が割りとあるので
その下に広げて食事するスタイルもあり。
ただ桜の木の下は止めたほうが良いね。毛虫が落ちてきたので。


園内には至る所にフードコートが出店しているのでコンビニでおにぎりを買ってきて
おかずをフードコートで買うのもイイ。こういうところの食べ物って美味そうなんだよね。

昼食後にひとしきり遊具で遊んだ後はモノヅクリングビレッジ体験とのことで輪ゴム鉄砲を作成。


予めカットしてある木材を木工用瞬間接着剤で固定して作るので息子にも簡単に出来る。
作った後は試し打ち用のマトに当てるのだが、結構な精度でまっすぐ飛ぶのね。
照準器を見ながら狙って打つと命中率が高いのだ。おもちゃのくせにやるなぁ。

射的の腕を褒められた息子が次に気になったのは縁日で出ていた射的ゲーム。
お菓子がマトなのだけど当たっても落ちない。
「当たってるのに落ちない!」と本人は不服だったが縁日なのてそんなもんだと諭す。

次に向かったのはラジコンが借りれて遊べるRCサーキット。
1/24のミニクーパーで遊べるのだけど、残念ながら本日の受付は終了とのこと。

コースには最大4台まで走行が可能で1人15分まで。
ガンガンと車両をぶつけまくってのレースは見ているだけでも楽しい。
これは早めに来て並んでおかないと遊ぶのは厳しそうだな。

Nゲージが5分だけ走行させることが出来る鉄道ジオラマ。



車両は各種あって好きな車両を選べるのだけど、だいたい空いている車両を動かす感じ。
ただコースが広いので子供の目線からだと自分の運転している電車がどこにいるのかを
把握するのが難しい。車載カメラが付いていたら超人気アトラクションになるだろうな。

プラレールではなく本格的なジオラマの中でNゲージを運転できることが嬉しかった息子は
「今度はNゲージを集めたい」と恐ろしいことを言っていたっけ。

帰り際に「今日はとっても楽しかった!」という言葉と満面の笑みで疲れも吹っ飛んだ。
渋滞や待ち行列は大変だったけど、最後の最後に癒やされたぜ・・・