Publisher Studio

2015/06/02

3ヶ月ぶり 逆流性食道炎の症状


夜中の2時過ぎにシクシクとした胃の痛みで目が覚める。
この感じ、忘れもしない逆流性食道炎の痛みだ。
正確には胃ではなく、みぞおち周辺なのだけど、なんとなく胃が痛く感じる。

原因は分かっている。
かれこれ3ヶ月以上も逆流性食道炎の症状が出ていなかったので、
調子に乗って昨日の昼間に辛いチゲスープを飲んでしまい、
さらには夜の飲み会でつまみも食べずにビール3本、日本酒2合、どぶろくまで
飲んでしまったのが引き金になったのであろう。

思えば昼間にチゲスープを飲んだ時点で「なんか胃がチリチリするな」という違和感は
あったが、まさか逆流性食道炎の症状が出るとは思わなかった。迂闊すぎた。

そこで以前、病院で貰った頓服薬「ストロカイン」という胃の粘膜を麻酔する薬を飲んでみるも
逆流性食道炎の痛みは一向に改善されることは無かった。要は全く効かなかったのだ。

結局、いつものとおり3時間ほど嫌な痛みと戦いながらベッドの上をゴロゴロ。
上半身を起こして寝ても、右側を下向きにして寝てみてもダメ。何をしてもずっとシクシク痛い。
唯一、ルルドを使って背中の辺りをマッサージすると痛みを忘れることが出来るけれど
15分でタイマーが切れるので寝付くことは出来ない。

新品価格
¥5,160から
(2015/6/2 21:45時点)
翌日が休みならばいっそのこと起きていようと考えるが、仕事なので少しでも寝ておこうと
リクライニングチェアーに寄りかかってウトウトしつつ「早く時間が経って炎症が治まれ」と願う。

しかし逆流性食道炎の痛みはホントにツライよ。
何を飲んでも何をしても痛みが治まらないんだもんな。時間しか解決する手立てが無い。

ただどういうタイミングで痛くなるのかは大体予想が付くようになったので、暴飲暴食は止め、
飲酒は週末だけ、食べてから2時間は横にならない、寝るときは枕を重ね体を起こして寝る、
なるべく刺激物を取らない、腹八分目、よく噛んで食べるという決まりを守って過ごしてきたのに、
昨日はついうっかり飲み過ぎてしまったのと、腹八分目を忘れてお腹いっぱいまで食べたこと、
あとよく噛んで食べなかったのが原因なんだろうな。
きっちり守って過ごしていた3ヶ月間は逆流性食道炎の症状は出ていなかったもんな。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは、まさにこのことだよ!と思ったぜ。

これに懲りて、また不摂生をしないように食生活を見直し生活態度を改めようと思った。