Publisher Studio

2015/07/10

【予算わずか1,500円】 サイゼリア飲み@相模大野

今夜は相模大野モアーズ6Fにあるサイゼリアでサイゼ飲みをしてきた。

平日の昼間は学生や主婦の溜まり場と化しているが、夜ともなるとファミリー層や
若いカップルの姿が目立つようになる。
ただオレと同じように一人で飲みに来ている人も多く本を読みながらグラスワインを
片手に優雅に過ごしている女性客も見かけたりした。

案内されたのは相模大野の駅前が見渡せる窓際。
眺めは良いのだけど中腰にならないと外が見れないのが残念。
見下ろせる位置に窓があったら良い暇つぶしになったのに。

イタリアンワイン&カフェレストランなので、飲み物は必然的にワインとなる。
一応はビールもサワーもあるが、ストロングゼロ350mで379円と割高。

サイゼリアのハウスワインは赤と白の2種類。
お勧めはキンキンに冷えた白ワイン。グラスまでよく冷えている。
口コミでも赤ワインより白ワインの方がオススメってあったもんな。
変なクセもなくライトな味わいでクイクイ飲めてしまう。
1,500mlのボトルでも良かった?とも考えたけど、ついうっかり飲み干しそうなので
500mlに抑えておいて正解だったかも。危険な旨さだ。

つまみはポテトのグリルとサラミとパンチェッタのピザに加え
キャベツとアンチョビのソテーを注文。

ポテトは皮付き厚切りのナチュラルカット。意外と量が多い。
付属のケチャップが無造作に乗せられていて小皿が欲しいところだった。

ピザは薄いクリスピー生地でチーズとサラミの塩加減が絶妙。これは旨いわ。
メニュー表の一番上に「Wチーズ(+99円でチーズ2倍)」とあるので、
チーズ好きな人は良いかもね。テイクアウトも出来るから今度来たときは
お土産に買って帰ろう。

キャベツとアンチョビのソテーは量が少ないね。次からは無いわ。
真イカのパプリカソースと迷ったんだけど、そっち頼んでおけば良かったと後悔。
そんでもってアンチョビがかなりしょっぱかった。

最後のシメはほうれん草のオーブン焼きを注文。
正直つまみだけでお腹は満足していたのだけど、酔っ払った勢いで頼んでしまった。
トロリ濃厚なホワイトソースとサラミが良く合うね~
ただ我ながら食い過ぎた感も否めない。ミラノ風ドリアだったら食べ残していたな。

ポテトのグリル(199円)
サラミとパンチェッタのピザ(399円)
キャベツとアンチョビのソテー(199円)
ほうれん草のオーブン焼き(299円)
白ワイン デカンタ500ml(399円)     合計1,495円

ファミレスでボッチ飲みとか寂しすぎるだろ?という意見もあるだろうけど、
賑やかな場所であえて孤独に飲むってのも案外楽しいものだね。

最後にハウスワインは500mlを頼むと途中で温まってくるので、250mlを2回に分けて
頼んだ方が常に冷たいのが飲めると知った。今度からそうしよう。