Publisher Studio

2015/07/18

コンパクト収納 2WAY懐中電灯&ランタン ドッペルギャンガー L1-96

我が家には震災対策グッズとして購入したPRIMUS(プリムス)のガスランタンIP-2245A-Sがあるのだけれど、
キャンプでランタン1つだと心許ないというか、おそらく足りないので別途追加で購入することにした。

明るさで言えばガソリンやガスランタンに軍配が上がるが、夕暮れ時にテーブルに置いて使うのが目的なので、
煌々とした明るさは求めていない。というかあまり明るすぎると虫が寄ってくるんだよね。
また寝るときにテント内の明かりとして使いたいため必然的に電池式を選択。

そこで目を付けたのがドッペルギャンガーが出しているポップアップ式の2WAYランタン。
蛍光色と暖色の2種類があったので落ち着いた色合いの暖色(L1-96)を購入した。




手に取ると実にコンパクト。サイズ的にはサバの缶詰ぐらいかな?
ランタンなので上部に引っかけるところがある。

電池は単三を3本使用。エネループでも良いけれど普通のアルカリ単三で十分だろう。

点灯させるにはボタンを長押し。ちょっと触った程度では点かない配慮なのだが最初に
説明書を読まないで使ったので「あれ?電気が点かないじゃん。もしかして不良品?」と
焦ってしまった。

ここで更に電源ボタンを一度押すとローモード、もう一度押すとハイモードと切り替わる。
要は電源を軽く押すたびに光量が切り替わる仕様だね。なお消灯させるには電源ボタンの長押し。

ランタンとして使う場合は青いプラスチック部分をグルッと回転させるとパッっとグローブが開く。
絵でも分かるように青のポッチ部分を左に回すと展開する。仕舞う場合は逆だね。

メッシュ生地は割としっかりしているのでそう簡単には破れないかな。

懐中電灯として使う場合はホヤを閉じて使用。
真下が反射板の付いたレンズ状になっているため、拡散よりもスポット効果の方が高い。
テント内で上から吊したら真下は明るすぎるかもね。


ひとまず今回は1個だけ買ってみたけれど、実際にキャンプで使ってみて良かったらもう1個追加で
買っても良いかな。ただ今度買うときはあえて色違いの蛍光色を買ってみよう。