Publisher Studio

2015/07/30

スモジで購入 ぶためしの頂上(テッペン)

今日は野暮用で午後から有休。

あっという間に用事を済ませ、昼食は相模大野のラーメン二郎でつけ麺。
やっぱり暑い日は冷たいつけ麺に限りますな。

出てきた丼ぶりを見るとブタが1枚しか見えない。
恐らく下に沈んでいるのだろうと引き上げると、脂身の塊がゴロリ。
オレは脂身が苦手なので全てを外して食べる。

これ、脂身が好きな人(コールで脂を頼む人とか)には嬉しいかもしれないけれど、
ちょっとこの量は多過ぎだろう。胸焼けしそうだわ。

そういえば今日はスープがしょっぱく無くて旨かった。最近また薄味になったのかね?
オレの左右隣の人は物足りないのかカネシを入れていたけれど、オレには調度良いわ。

あと、初めてお土産として販売されている「ぶためしの頂上(テッペン)200円」を買ってみた。
(真空パックの炙り豚は買ったことがあったけど、テッペンを買うのは初めて)

テッペンは「ニンニクぶためしの素」として売られているのではあるが、
そもそも店舗でニンニクぶためしを見たことが無いので他のブログで写真を確認すると、
限定メニューとのこと。(単に白米にテッペンを乗せただけのものだった)



パッケージを開けると細切れになった豚肉と脂身が半々で入っている。

・・・というワケで例にならってぶためしの頂上をご飯の上に乗せて食す。

「ニンニクぶためし」と記載されているもののニンニクの味はあまりせず、
二郎独特の醤油カネシ(タレ)が濃いかな。
しかし家でスモジのブタが多少なりとも味わえるのは嬉しい限り。

そのまま乗せるよりも電子レンジで20秒ほどチンした方がトロッっとして良いと気付く。
(ご飯の熱じゃ脂があまり溶けない)

我が家の中では特に気に入って食べていたのが奥さん。
オレや子供たちはは脂身が好きじゃないのだけど、奥さんは脂身が好きなんだよね。

そのままご飯に載せて食べるよりも千切りキャベツやカイワレ大根と合わせた方が
旨いだろうな。近いうちに試してみよっと。