Publisher Studio

2015/09/01

限定そばの食べ放題 蕎麦きり ほしの【相模大野】


先日、相模大野の銀座商店街で開催された銀座祭。

出店していた「蕎麦きり ほしの」で、わんこそば風食べ放題という
一風変わったイベントを行っていた。
(片方の看板は「わんこばそ」と書いてあったが、これはウケ狙いのか?)
料金は大人500円、小人300円とお祭り価格にしてはリーズナブル。
店構えはちょっとした小料理屋っぽい雰囲気で扉が閉まっていたら入りづらいが
今日は扉が開いていたので中を覗いてみた。
しかし大野銀座の外れに蕎麦屋があったとは全然気が付かなかったな。

店内の入口には「そばの食べ放題」の説明書きが貼ってある。
「手元のお椀に次々とおそばを追加します。あくまでも「風」なので本場の
スタイルと異なります。蕎麦も通常提供している手打ちではございません」と
書いてあった。
要はわんこそばの様にお椀に蕎麦を入れてくれるだけの食べ放題なのだろう。
息子に説明すると「食べてみたい!」と言うので面白そうだし入ってみた。

店内は5人が座れるカウンター席と4人掛けテーブル席が2つ。
暖色系の照明が清楚かつ落ち着き感を醸し出している。

女性店員に声をかけるとカウンター席を案内される。
各席には3種の薬味(揚げ玉・ネギ・海苔)が用意されていた。
どうやら店員が1名しか居ないらしく、忙しそうで声をかけるのに躊躇するも
なかなか注文というかお椀すら出さないので一声かけた。

すると申し訳なさそうにお椀と箸を持ってきてくれたので逆にこっちが恐縮。
とにかく静かで落ち着いた店内のため声をかけづらいのだ。

テーブルの上にお椀と箸が置かれてしばらく待っていると「失礼します」と
お椀の中に蕎麦を入れてくれた。いわゆるわんこそばのスタート。

薬味を乗せ、あとはひたすらお椀の中の蕎麦を食べるだけ。
手打ちではないものの蕎麦は冷たくコシもあってなかなか旨い。
わんこ風なのでめんつゆはなく、最初からほんのり味が付いている。

量はそんなに多くないのでペロリと平らげるも次の蕎麦がぜんぜん来ない。
わんこそばと言ったら食べたらすぐに来るイメージなのだけど、わんこ風なので
実にゆったりしている。
息子には「本当のわんこそばじゃないから急いで食べなくて良いんだよ」と説明。

しばらく待ってやっと次の蕎麦を入れてくれたと思ったら、なんだか味がしない。
正確には蕎麦の味はするのだけど、めんつゆが入っていないのだ。
しょうがないので薬味を入れて味を付けて食す。

次も同じようにめんつゆの味がしない単なる蕎麦の味。
蕎麦自体は旨いことは旨いのだけど、やっぱりめんつゆがないと物足りない。

息子は「わんこそばって味がしない蕎麦なんだね」と勘違いしているし、
もしも次も味がしなかったらつゆを足して貰おうと思ったら、今度はめんつゆが
ほんの少しだけ入って味が付いていた。うーん、なんなんだろなぁ?
食べ放題なのであえてめんつゆ少なめにしているのか、それともたまたまなのか、
もしくは蕎麦の味を楽しんで貰うという計らい?でも手打ちじゃないからなぁ。

結局、オレが9杯、息子が3杯ほど食べてフィニッシュ。
もう少し食べれたのだけど、他に買い食いする予定だったので止めておいた。

本音を言えば、わんこそばのように次から次へと蕎麦を入れて貰うという
やりとりを息子に体験させたかったけど、それは最初の断りにあった「風」ってことと、
あと店員さんが1人しかいないという人員不足のため蕎麦の配給が遅かったのが
ちょっと残念だったかな?
ただわんこそば食べ放題は面白い企画だったので、是非とも来年もやって欲しいと思う。

ところで隣にあった居酒屋「磯」って店はやけに人が多く入って繁盛しているね。
黒板のメニュー表を見てみるとそこそこ安いし、こんな居酒屋があったなんて知らなかった。
新たなる発見だな。