Publisher Studio

2015/09/04

買って良かった Zenfone2 laser(ZE500KL) のぞき見防止プライバシーフィルムのレビュー


先月末にドコモのパケホーダイフラットを解約し、今月よりガラケーとNEXUS7に
格安SIM(IIJmio)を入れてBluetoothテザリングでGalaxyNEXUS(SC-04D)を使っていた。

ひとまず新しいスマホを手に入れるまでの暫定的な処置として割り切ってはいたが、
テザリング運用をしていると鞄に入れてあるNEXUS7からちょっと離れただけで
接続が切れてしまい、席を離れて戻るたびにBluetooth設定からインターネットアクセスの
チェックを入れなければならないので実に不便だった。

しかしそれも購入予定であるASUSU Zenfone2 laser(ZE500KL)用のプライバシーフィルムと
TPUケースが届くまでの我慢ということで、今まで本体の購入を見送っていたのだが、
本日やっとケースとフィルムが届いたので地元のビックカメラまで買いに行ってきた。

なお、購入ポイントは僅か1%なので300ポイントしか付かないことと、
ビック長期保証には入れないと予め言われる(携帯電話(スマホ含む)は対象外とのこと)

・・・というワケZenfone2 laserのレッドを購入してきた。
googleアカウントを設定したら、何はともあれストレージの確認。
モノによってはストレージ内のシステム予約領域が12G使っている場合があるのだ。
幸い購入してきた端末のシステム領域は5G程度なので初期化はしなくても大丈夫。




なにはともあれ保護シートを外しamazonより購入したPDA工房のプライバシーフィルムを装着。
インカメラ部分と通知ランプの場所はちゃんと穴が開いている。まぁ当たり前か。


のぞき見防止 液晶保護フィルム『Privacy Shield ASUS ZenFone 2 Laser』


ちなみにフィルムの装着場所は上半身裸になっての浴室で行った。
この方法がシート類を貼るのに一番ホコリやゴミが入りにくいんだよね。
それとうたい文句で「気泡の入りにくい特殊な自己吸着タイプ」と書いてあるとおり、
液晶ディスプレイに置くだけで勝手に張り付いてくれるので楽チン。
大きめに残った気泡はクレジットカードの側面を使って擦り出すだけで簡単に抜けるのもポイント。

実はNEXUS7にもエレコムのTB-ASNXAPFというプライバシーフィルターを付けているのだけど、
視野的にはそれよりも若干広い感じかな?いや、同じぐらいか。



エレコムのは30度ぐらいから暗く見えてきて、70度を超えると全く見えなくなる。
PDA工房のフィルムも同様に30度ぐらいで暗くなり70度を超えると殆ど真っ暗になって見えないね。

それとフィルムの手触りはマット仕上げになっているため表面がスルスルしている。
ただちょっと素材が薄いのでポケットなどに入れる際にチャック等で擦ったりすると傷が入りそうな感じ。
あと「光線透過率が約50%下がる」とあるように、輝度をオートにしておかないと暗くなりすぎる。
なおアンチグレア(反射防止)なのでギラ付きは皆無。この辺は目に優しい。

NEXUS7ではアニメを見ているため周りで覗かれたら恥ずかしいけれど、スマホの場合は他人に覗かれて
困るようなサイトも見ていないしオレのTwitterやLINEのやりとりなんて見ても面白くもないだろうし、
のぞき見防止用のフィルムを貼ろうか貼るまいか悩んだんだよね。

結果的には液晶も保護されて汚れも指紋も付きにくいので貼って良かったのかな。

※Zenfone2 laser(ZE500KL) ケース購入ブログはコチラ