Publisher Studio

2015/11/13

【1,100円ランチ】 欧風カレーの店 ガヴィアル 【神保町】



4月から仕事を手伝ってくれていた派遣さんが今月末で退職してしまうため、
上司がオススメという欧風カレーの店「ガヴィアル」でランチをしてきた。

店の場所は神保町交差点のすぐ近く。はなまるうどんの2Fに位置する。
今までこんな場所にカレー屋があるなんて知らなかった。
到着したのは12時10分頃。
店先メニューに平日限定「昼時サービス」という看板が立っており、数量限定ではあるが
1,100円で2種類のカレーを一度に味わえるお得なメニューというのがあった。
この種類の中から好きなカレーを選ぶのね・・・と、そのときは思っていた。

狭い階段を登ると店の前では数組の待ち客あり。
待っている間にメニュー表を手渡されたので見てみると、カレー1,500円の表示。
欧風カレーってそんなに高いんだ?まさにブルジョアジーなカレーだわ。
だったら1,100円で2種類が味わえる昼時サービスの方が断然お得じゃんね。

ところで昼時サービスは好きな2種類が選べると思っていたら、予め決まったカレーのみ。
Aは野菜カレー&チーズカレー、Bは野菜カレー&アサリカレーとなっていた。
なるほど、店先の看板メニュー内から選ぶのでは無く既に決められたカレーだったのね。

5分ほどの待ち時間で店内に案内される。
1名用のカウンター席、2名用テーブル席、4名用ボックス席があり全体的に洒落た雰囲気。
窓から差し込む光の感じがなんとなく優雅な気分にさせる。

注文は昼時カレーのBセット。
辛さを聞かれるので上司と派遣さんは辛口、オレは無難な中辛にしておく。

なお選べる辛さは「お子様・甘口・中辛・辛口」の4段階。
他の人のオーダーを聞いていると意外にも甘口で注文する人が多かったので、
上司に「そんなに辛いんですか?」と聞いてみると「そんなに辛くないよ?」との返答。
まぁ辛口を選ぶ人に辛さを聞いてもそう答えるわな・・・

2段になった小鉢は小粒らっきょと福神漬け。
こういうところも洒落てるよな。店内に女性客が多いのも納得だわ。

5分程で野菜&あさりカレーとライス、そして蒸かしたジャガイモが運ばれてきた。

あさりカレーは何故かマッシュルーム入り。野菜は大ぶりカットでゴロゴロと入っている。
ライスは中央に溶けたチーズが混ざっていた。いちいち洒落てるね~

派遣さんが「中辛と辛口ではカレーの色が違うんですね」と言うので比べてみると
確かに色の濃さが違う。写真だと分かりづらいが辛口は色が濃いカレー色だ。
欧風カレーとあるのでもっとサラサラしたカレーをイメージしていたけれど、
ここガヴィアルのカレーはトロリと粘度が高い。

また、上司曰く以前はジャガイモが2個付いてきたけど今は1個のみになったと言ってた。
そういえば昔ボンディでカレーを食べたときもジャガイモが付いてきたな。
神保町界隈の欧風カレーは付け合わせにジャガイモを出すのがデフォなのかね。

まずはカレーのルーだけ一口食べてみると思ったよりも辛くない。
ホントに中辛なのか?もしかして甘口と間違えたんじゃないか?と口に含んだ数秒は
思っていたが後からじんわりスパイシーな辛さが口の中に広がってきた。やっぱ中辛だわ。

次に野菜カレーをライスに混ぜて一緒に食べてみると再び甘く感じた。
おそらくチーズ部分とカレーが相まって甘く感じるんだろうな。
それにしても野菜が大きくて食べ甲斐があって旨い。カレーも程よい辛さでオレ好みだ。

続いてアサリカレーを食べる。
何故かマッシュルームが入っているのだけど、それはそれでイイ。
ただアサリカレーの割にはアサリの出汁というか味が感じられなかったな。

食べ進むうちにライスが足りない事に気付く。
カレーの量が多いわけでは無いし、ライスが少ないわけでも無いのに何故かライスの量が
足りなく感じてしまった。メニューに「ライス大盛り200円」とあった意味が分かった。
ただライスの大盛り200円は高いだろ。やっぱりブルジョアジーな店だぜ。

そうそう、最後に気が付いたのはカレーが熱々では無いということ。
あまりに熱すぎるとスパイスの風味が逃げるのかね?ただ猫舌の人には良いかも。

カレーで1,1000円ってのはちょっと高いとは思うけれど、たまにはこうやって洒落た店で
ランチを取るのも悪くないね。
派遣さんも「うどん屋の上にあるカレー屋」という思い出が残ったであろう。