Publisher Studio

2015/11/17

【芸が細かいな】 ほまれの赤福を食べた



先日の話。

相模大野にある伊勢丹(相模原店)で三重・和歌山・奈良展とパールフェアなる催しがあり、
伊勢名物の「赤福」が売られていたので、あんこ大好き奥さんのために購入。

ホントは12個入り(1,030円)が良かったのだけど既に売り切れで8個入り(720円)となった。

包みを開くと味のあるイラストと木べらが添えられてある。
この「神宮七五三参り」と書かれた赤福伊勢だより、実は365日毎日違う内容が入っているとのこと。
すげー!ってか芸が細かいな~(ちなみに11月14日に購入したが翌日15日のモノが入っていた)

この太い木べらを使って小分けになった赤福を削ぐように食べる。
写真では白飛びして見えにくいけど、赤福の下に敷いてある銀シートのおかげで
餅がベタッと張り付かない工夫がされているのね。


極めの細かいこしあんは甘さ控えめで実に上品な味。
そして中に入っている餅は突き立てのような柔らかさを保っている。
時間が経っているにも関わらず、どうしてこんなに柔らかいのだろうね?不思議だわ。

コテッっとした甘さが苦手な娘は「美味しい」を連呼。
オレは2つだけ食べて後は奥さんと娘だけであっという間に完食。
こんなに美味しいんだもん、12個入りだったら良かったね~と言われる。

ま、美味しいモノは少し物足りないぐらいがちょうど良いんだよ。