Publisher Studio

2016/01/20

【2次会なら有り】 お値段以上の大衆酒場かなぁ? 大金星@神保町 



もう去年の話ではあるが職場の雄志で飲み会が開催されたときの内容をブログに上げたつもりが
何故か下書きのままになっていた事に気が付き、今更UPしてみた。

訪れた場所は神保町にある「大金星」という名の大衆酒場。
店の入口には金星の描かれた提灯がぶら下がっているので目立つ外見。
この金星はサッポロビールのトレードマークに似ているが特にサッポロビールと
提携を結んでいるワケではないとのこと(店名に金星が入っているかららしい)

案内されたのは2Fのテーブル席。
やや背の高い椅子(スツール)に腰掛ける。

酒のラベルが壁一面に貼られているのが面白い。

事前に食べ物やアルコール類の値段は公式HPで確認済み。
壁にも色々とメニューが書いてはあるが特に本日のオススメの記載などではなく、
単にメニューに書いてあるものを書いただけと説明を受ける。

大金星の定番とあったベーコンたっぷりポテトサラダと新鮮もつ焼きの
おまかせ5本を塩で注文。

写真だと大きく見えたポテトサラダは実際に見るとかなり小さい。
子供用のお茶碗ぐらいの器に入ったもの。確かにベーコンはたっぷりだけど
肝心のポテサラの量が少なかった。
おまかせで頼んだ新鮮もつ焼きも単なる焼き鳥ラインナップ。
これなら自分で選んで注文した方が良かったかな。

馬刺しの盛り合わせはシャーベット状態。
馬肉の味よりもシャリシャリした食感が強くて味がよく分からなかった。
せめて解凍済みであれば美味しく食べれたのだけどね。

18:30頃に店員が「名物の鉄板夜鳴き焼きそばを販売します!」と回ってきたので
のっけ盛の目玉焼き盛と激辛メキシカン盛を注文。


目玉焼きはそのまんま焼きそばに目玉焼きが乗っている。
メキシカンは辛めのチリコンカンが乗ったものであった。両方ともなかなか旨い。
激辛というほどでは無いけれどメキシカンはビールに合うね。

ところで大金星は日本酒のラインナップが豊富。
公式HPのメニュー表には載っていない日本酒が壁メニューに書いてあった。


そこで新商品と言われた夏ヤゴ13を飲んでみる。
写真を撮ろうとすると店員が気を利かせてラベルを撮影させてくれた。
そして受け皿に並々と注いでくれるのが嬉しい。

なんでヤゴなのかは謎だけどスッキリした味わいで軽く飲めてしまう。
いわゆるヤバイ系だ。

勢いづいて、みむろ杉を追加で飲む。

これぞ日本酒って感じ。やっぱり1杯800円クラスの酒は味が違うね。値段に比例するね。
旨い日本酒となると食べ物に和が欲しいくなるのでやみつきセロリを注文。
するとこれまた器が小さく量も少ない。これで360円は高いぜ。

一時期めちゃくちゃハマっていたバカルディーモヒート。
ライムとミントが添えられて本格的。そして氷はカチ割り氷となっていた。

3~4名様でどうぞと書かれた男前料理のジャーポテ(980円)と生姜焼き(1,200円)

うーん・・・味は悪くないけれど、やっぱり高いわ。なんつーか全体的に色々と高い。
小洒落た店だったらこの値段設定も分かるけれど、大衆酒場の料金設定じゃないよな。

「お値段以上の大衆酒場」と謳っているだけあって各料理に手作り感はあるが、
これと言って「おふくろの味だ!」とか「これぞ大衆酒場!」といった感動が無かった。

故に一次会で訪れるよりも二次会でちょっとしたツマミを注文し、旨い日本酒を2杯ぐらい飲む
スタイルがあっているのかもね。