Publisher Studio

2015/12/10

【スープだけは旨かった】 麺屋 海神@【新宿



JR新宿の東南口改札から徒歩1分の場所にある、塩ラーメンで有名な「麺屋 海神」に行ってきた。
時間は夜の21時過ぎにも関わらず、店の前の階段には行列が出来ている。
やはり人気なラーメン屋だけのことはあるね。

並んでいる客層は男性よりも女性が圧倒的に多い。
黒い看板の反射を見れば分かるように狭い階段に1列に並んでの待機。
入り口踊り場のところが狭くなっているので、そこの場所には立たないようにと注意書き有り。

店の入り口にはメニューが置いてあり、そこで予め注文するラーメンを決めておく。
しばらくすると店員が注文を聞きに来る。
写真には撮らなかったけど外国人のために英語メニューも置いてあった。さすがは新宿って感じ。



ラーメンはともかく飲み物でレモンサワーやウーロンハイが520円って高いな~
ま、これだけ行列ができている店で悠長に酒を飲みつつ、おつまみを食べるなんてことは
雰囲気的に無理だよね。

注文するのはやっぱり看板メニューである「あら炊き塩ラーメン(830円)」
よく見ると大盛りは無料と書いてあったので大盛りにしてもらう。

階段下から並び始めて30分ほどで店内に入ることが出来た。
店内はカウンター席とテーブル席。収容キャパが多くないため行列するんだね。

壁には本日のアラと書かれた紙が貼ってあり、「真鯛」「平目」「平政(ヒラマサ)」「鰈(カレイ)」
「間八(カンパチ)」の全5種類のアラが使われたスープが今日の出汁になっているとのこと。
(※食べログを見たら殆どこの5種類のアラっぽい。稀に真鯛が鮭になってた)

席について僅か1~2分であら炊き塩ラーメンの大盛りが運ばれてきた。
あまりにも出てくるのが早すぎてビックリしたよ。

先注文だったので、もしかしたら作りおきだったのかスープに湯気は無し。
でも行列のできる人気店だし流石に作りおきは無いのか?

ひとまず噂のあら炊きスープを飲んでみると、深みのある塩味のスープが実に上品。
優しい味というよりも上品な塩味が後を引いてついついスープばかり飲んでしまうね。
熱々のスープじゃないのは飲みやすくするために、わざとヌルくしてるのかね?と勘ぐる。

ちなみにアラを使っている割に魚の臭みが全くないのは、表面に浮いた脂が魚の脂ではなく
オリーブオイルを使っていると入口に貼られていた雑誌切り抜きに書いてあった。なるほどねぇ。
続いて細麺ストレートの麺を食べてみると、ビックリしたことに麺が伸びちゃってるよ。
コシとか歯ごたえとか全く無し。せっかくの美味しいスープに麺が絡まず。なんだよこれ・・・

写真を撮ってる間に麺が伸びたか?って僅か3枚しか撮ってないのに、
そんな短時間で伸びるってあり得ないでしょ。とにかく食感グニグニ。
どうりで席に座って僅か1~2分で出てきたワケだ。既に作ってあったのだろうな。ガッカリだわ。

もしかして注文時に麺硬めとかオーダー出来たのかと壁に貼られたメニューを見てみると
特に麺の硬さを選ぶことは出来ないようだった。

スープが超絶旨いのに麺が全くダメなので大盛りにしなければ良かったと後悔。
次も30分並んでまで食べたいかと言われたら答えはノーだな。