Publisher Studio

2015/12/20

【御蔵島ランチ】 ふくまる商店 



御蔵島のランチ事情。

現在、御蔵島に3店舗しかない飲食店。

そのうち美美庵は臨時休業、やまやは5月から休業中。

ふくまる商店というお土産屋しか空いてないとのことで、必然的にランチはそこに行くことになった。
パッと見だと「ホントに飲食が出来るの?夏場しか営業してないんじゃないか?」と
不安になる外見だったが、遠目から中を覗くとテーブル席が見えたため、意を決して入店。

外からの見た目と違って店内は洒落た内装となっていた。
店内メインはお土産物屋だがカウンター越しに厨房が見えており、またメニュー表の掲示もある。
一応「今の時期でも食事は取れますか?」と聞いてみると、なんら問題ないとのこと。
そこでメニューにあった「冬季限定 カツカレー」の大盛り(1,100円)を注文。

暇つぶしに店内のお土産を物色する。



そう言えば御蔵島の名物ってなんだっけ?と調べると「黄楊(つげ)」が有名なのだそうだ。
正直あんまり興味ないし、お土産で買っていくほどのモノも無いかな?

島で売られているビールは何処の店舗も送料がかかっているためか割高。
そして何故か500mlのロング缶が無い(西川商店にも無かった)
120円程度で売られている淡麗350ml缶が250円って普通のビール並の値段じゃんね。
氷結も高いな~そもそも御蔵島ってアルコール自体が高いんだよね。

ちなみにジェラートは6種類。
シングルが350円、ダブルが400円とのこと。

約15分ほどで冬季限定のカツカレー大盛りが登場。
メニューには「ナスとトマトのスパイシービーフカレー」と書いてあったが、実際はそんなに辛くない。

ルーはスパイスの風味を感じるというより煮こまれた野菜の甘みが際立っている。
そして冬季限定と謳われたカツは衣が薄く肉も薄い。
衣のサクサク感は皆無だね。いわゆる一般家庭で揚げる普通のトンカツ。

カレーに具があまり入っていないのでトンカツのボリュームがアクセントにはなるが、
ぶっちゃけ普通のカレーでも良かったと思う。
ちなみにビーフカレーとあったけど、中に入っている肉は挽肉だったな。

御蔵島はランチ営業をしている店が少ないので必然的に3店舗のうちのどれかになるが、
せっかく島に来たのであれば、地場産のなにか名物料理が食べれる店が良いな。