Publisher Studio

2015/12/06

【ソニータイマー対策】 RX100m3にクロネコ延長保証プレミアム



RX100無印を買うぜ~!!
・・・と息巻いていたが、気が付いたらSONYのRX100m3を買っていた。
IYH!!!イャッッホォォォオオォオウ!!!



・・・と喜んでみたものの冷静に考えると1年前のコンデジで7万は高いよね。
一眼が買えちゃうよ。

ただ今度は長く使うだろうし少なくとも3年は現役で使えるスペック持ってるし、
NEX-6で便利だったEVFも付いてるしテレマクロで寄れるし、結果オーライ。

このデザインかっけーよ。It's a sonyって感じだよ。

さて、購入するにあたって最も重要視したのは落下保証のある店舗であること。
7万越える高級コンデジ、うっかり落として壊したらショックが大きすぎる。

ここで落下保証(物損保証)について。

内容的にはどの店舗もだいたい一緒で1年目は100%金額を保証するが、
2年目以降から保証の上限金額が少しずつ下がっていく。

要は7万で買ったカメラの場合、1年目は落としたり水没したら7万円分の修理金額を
出すけれど2年目は50%の3.5万まで修理費として支払う、3年目は40%、4年目は30%、
5年目は20%と年数に応じて価値が下がるように保障額も下がっていくのだ。

仮に3年目に初めて物損保証を使う場合、物損保証金額は7万の40%である28,000円。
そこで修理に18,000円が掛かると保障金額28,000円から18,000円を差し引き、
保障残金は10,000円となる。
次に再び物損保証を使って修理するときは残金が10,000円しかないので、
カメラの修理に15,000円掛かるとしたら自腹で5,000円支払うということになるのだ。

よく見ると物損保証は殆どの店舗がプロダクト・ワランティ・ジャパンのものばかり。
マップカメラは独自ではあるが3年間だけなんだよね。

どこで買ってもワランティ(PWJ)保証なのかと思ったら、クロネコヤマトが保障している
クロネコ延長保証プレミアムサービスなんてのを発見。

そこでクロネコ延長保証のメリットを読んでみると、他社では持ち込み修理は送料負担が
必要だけど本サービスはヤマト運輸を使用すれば往復の送料がかからないとある。
また譲渡転売した場合も保証名義を変更可能ともある。

・・・ならクロネコ延長保証の方が良いのかな?

現在、価格.comでRX100m3の最安値店は「見てて価格」という店で69,700円。
クワランティ5年間延長保証(自然+物損タイプ) を付けると75,680円。
そこでクロネコ保証サービスを扱っているチャンプカメラだと本体71,000円でクロネコ延長が
本体価格8%の5,680円で合計76,680円。ま、どこの店もそんなもんか。

更にアキバまで行く電車代を考えたら近場にあるチャンプカメラ(王禅寺店)で買う方が
実質お得なので、チャンプカメラでRX100m3を購入することにした。

チャンプカメラ王禅寺店は小田急沿線の新百合ヶ丘からバスで10分、歩いて15分程度の場所。
本数の少ないバスを待っている間に着いてしまうため、歩いての訪問。

てっきりカメラ専門店だと思っていたが、よくある街のカメラ屋さんだったのね。
店舗内にカメラやレンズ等は置いておらず在庫のある倉庫からその都度運ばれてくるらしい。
しかし箱が小さいな~本体もコンパクトだけど箱もコンパクトなのね。

続いてカメラのシリアルを保証書に記入するため一度箱から取り出すのだけど、
この男性店員さんの対応がとにかく丁寧で腰が低く、逆にこっちが恐縮しちゃったよ。

次にクロネコ延長保証プレミアムの内容説明を懇切丁寧にしてもらう。
「使わないことに超したことは無いのですが、万が一、保証を使う場合はお店では無く
直接クロネコのサポートに電話してください」と言われて、よくよく用紙を見てみたら、
この延長プレミアムサービスも提携先はワランティだったと気が付く。結局そういうことね。

ま、なにはともあれ、これからちょっとした持ち出しカメラ、いや、ほぼメインカメラとして
RX100m3をガンガン使っていくぜ~!

でもこれでNEX-6やK-01、さらにはK-5の出番はますます減るんだろうな・・・