Publisher Studio

2015/12/09

【『肝血管腫】 またはその疑いって怖いじゃん



先月の人間ドックの検査結果が郵送されてきた。(人間ドックの様子はコチラ

ドック当日の問診の時に先生から「肝血管腫の疑いあり」という話は聞いていたけれど、
改めて「要精密検査D2」という文字を見ると、やっぱりショックを受けるね。

あと15年ぐらい前に尿管結石で入院したことがあるのだけど、今回の検査結果で
「右腎石灰化」と書いてあって、また石が出来ているっぽい。あの痛みは七転八倒もんだよ。

さて、改めてネットで「肝血管腫」を調べてみると、殆どガン化することは無い良性の腫瘍だが
現状のサイズから増大していたら良くないので、一応、精密検査を受けるというものらしい。
(ちなみに結果報告書には肝血管腫サイズは29mmと書いてあった)

なお肝血管腫は無症状のため、治療は何も行わないとのこと。
まれに腹痛を起こしたり血管が破裂して貧血になる場合もあるそうだ。

先程も書いたが、現状サイズから急激に大きくなることはないのだけど、
これが悪性の場合は急激に大きくなるらしいので、その変化の過程を見るためにも
再検査は3ヶ月後ぐらいが良いのだそうだ。

・・・まぁ肝炎ウイルス検査も腫瘍マーカーも判定はAなので問題はないのだろうけど、
用心に越したことはないので、なにはともあれ検査を受けた九段坂病院に相談しておこうっと。