Publisher Studio

2016/01/18

【雪道OK】 テキサコ TXC-529の雪道レビュー


やけに外が静かだなと寝起きにベランダから外を見るとまさかの雪。
しかも5cm近く積もっている。マジかよ・・・

革靴だと間違いなく足首が埋まるので今日は私服で出勤。
こういう日はハイカットの防水ブーツ(TXC-529)の出番だ(購入記はコチラ
思えばこのブーツを買って雪道を歩くのは初めて。

ちなみにオレの買ったモデルは既に廃盤となっているが、似たようなハイカットで
4cm防水に防滑ソールの「タルテックス TULTEX OUTDOOR TEX-917」が出ているのね。


さてさて、実際にブーツを履いて雪道を歩いてみると10cm程度の雪ぐらいなら全然余裕。
靴底パターンは溝が深くて水ハケも良く、雪の上でのグリップ力は高かった。
また、くるぶしまでホールドされているのため仮に滑っても体勢を立て直しやすいはず。
靴がちょっと重いのが難点だけど、ブーツなのでしょうがない。
ただ重さがあるためしっかりと路面を踏みしめることが出来るのはポイント高いね。

あと今回の雪は水分を多く含んでいるため歩くと路面がビシャビシャになってくるが、
防水仕様なので靴下が濡れことは一切なかった。
一応、翌日のアイスバーンに備えてアイススパイクも買ってあるのだけど、
既に除雪されているため路面の雪は殆ど無し。明日の朝は凍結しないだろう。
モリト アイススパイクの使用記はコチラ




ところで「こんな大雪でもローファーで通学するJK達の姿を見て乙女のポリシー感じた」と
奥さんにラインを送ったら、ご多分に漏れず我が娘もローファーで通学したそうだ。
しかも入場規制の掛かった中央林間駅で2時間近く足止めを食らって憤慨とのこと。
やっぱり雪が降った日はオレみたいに早朝に家を出るのが正解だね。