Publisher Studio

2016/02/03

【一人じゃ確かに寂しい】 未だに恵方巻を叩くのはなぜか?


10年ぐらい前にポッと出た謎のイベント恵方巻。

ご多分に漏れず、我が家も恵方巻という名の海苔巻きを食べながら今年一年の幸運を願った。


しかし毎年「恵方巻を食べる風習が無い」「寿司屋に踊らされてる」「便乗販売だ」などと言う人が
居るけど、なんだかんだで10年も経っているし、炎上ではあるがそれなりに市民権も得てるので
そろそろ「そんな風習は聞いたこと無い」ってネガキャンすのは単なる情弱になっちゃうよな。

・・・とは言え「そんな謎イベントに踊らされないぜ!」と息巻き叩く気持ちも分からないでもない。

だってさ?恵方を向いて黙々と巻き寿司を食べるなんて行為は誰かと一緒じゃなかったら
それこそ寂しいというか孤独を感じすぎちゃうよ。オレも1人なら絶対にやらないわ。
まぁ縁起物(?)らしいので食いたい人が食えば良いと言えばそれまでなんだけどさ。
流石にコンビニやスーパーで「恵方巻の予約受付中」を見ると「予約するほどのモノか?」とか
「毎年売れ残ってるじゃん」とツッコミを入れたくなるけどね。

そう考えると「節分の日は20時過ぎに売れ残った恵方巻を安く食べれる日」と思えば、
あながちこのブームも悪くないのかもな~

ちなみに今年はでん六豆の「こんぶ入り大豆」で豆まき。

しかしこの大豆、美味いわ~特に昆布が良いね。気に入っちゃったよ。