Publisher Studio

2016/02/17

【初めてのHUB】 英国風パブ@相模大野



つい先日のお話。
町田クックライトキッチンでのディナー後は地元にある相模大野の英国風パブHUBで飲んできた。

「1人でフラリと入って軽く飲んで帰る」ってのがHUBのスタイルなのかもしれないが、
常に賑わっているためボッチで入るには少々敷居が高かったけど、今夜は奥さんと一緒なので
気後れすること無く入店することが出来た。

入口で「禁煙か喫煙か」を聞かれるので禁煙と申し出ると奥にある狭いブース席に案内された。
またテーブルが5つ程度しかないので禁煙ブースに入れなかった人はなるべく煙の来ない店の奥の
席に座るよう勧められていた。
しかしこのご時世で喫煙ブースが幅を利かせている店舗ってのも珍しいよね。

ご存じの通りHUBはキャッシュオンデリバリー方式。
メニュー表を見て自分の飲みたいモノや食べたいモノが決まったら自らカウンターに出向いて
その都度現金で支払う前払い制。まさに明朗会計。
またキャッシュオンデリバリーなら飲み会等で割り勘負けしないってのもある。
・・・まぁ割り勘負けと感じる人がわざわざHUBに来てまで飲むことは無いのか。


注文は「HUBでしか飲めない季節限定プレミアムエール」と言われるエールを1pintと
奥さんはピュアウォッカベースのストロベリーヨーグルトスムージーを注文。
それとツマミで名物と言われるザ・フィッシュ&チップスのRegularを頼んだ。
一口サイズのものもあるが、ここはあえて本場英国風に習って切ってないモノにする。

注文時に「メンバーズカードありますか?」と聞かれ「ない」と答えると「入会金500円だけど
この注文から5%割引が適用され更に誕生日月にはバースディ特典がある」と言われる。
うーん・・・と悩んだ結果、おそらくまた来ることもあるだろうし年会費も掛からず最終来店日から
1年間の有効期限と聞いたので入会することにした。なにかツマミを1品食べたと思えば安いもんだ。

さて初めて飲むハブエールの味はと言うと、ほんのり甘いビールって感じ。
いわゆる地ビールのようなフルーティーな甘さと後味が残る。
美味いかどうかと聞かれたら微妙。不味くは無いけど1pintも要らなかったな。
ちなみに1pintは473ml、3/4は354ml、1/2は236mlなのだそうだ。

奥さんの頼んだストロベリーヨーグルトスムージーは「フルーチェみたいで美味しい」とご満悦。
ストローだから酔いも回りやすいくて危険とも言っていたっけ。

フィッシュ&チップスなどフードメニューは注文時に番号札を渡されて席まで運んできてくれる。
衣も中身も程よくサクサクフワフワでなかなか美味い。
ほんのり塩味らしきが付いているけど、タルタルに付けて食べると尚更美味い。
付属のポテトがまた良い仕事をしてるんだわ。ついつい摘まんじゃうよ。

改めて店内を見回すと1人で来る客よりも圧倒的にカップルやグループ率が高くてボッチだと
肩身が狭そうな感じがする。
一応、1人客もチラホラ見かけたが窓際カウンターの喫煙席に座っている人が多かった。
タバコを吸うなら良いけれど非喫煙者であれば店の奥に座るのが良いのかも。
あと店内に流れる音楽の音量が大きすぎて普通の声で会話すると話が聞こづらいね。
ところで19時までに入店すればハッピーアワーで半額カクテルもあるが2,060円で
飲み放題もやっていた。
何名様からでもOKって事は1名でも大丈夫なのかな?って1人で飲み放題はハードル高いか。