Publisher Studio

2016/03/18

【霜降りザブトンとロースの懐石弁当】 将泰庵



本日は職場で親睦会と称した昼食会が開催された。

用意されていたのは「将泰庵」というA5ランク黒毛和牛専門店で販売されている
「霜降りザブトンとロースの懐石弁当【A5ランク】」

2種類のA5和牛が入って値段が1個2,800円はリーズナブルだ・・・と上司は言っていたが
そもそもA5ランクの肉を食べる機会が無いのでオレには相場がよく分からん。

さてA5ランクの2段懐石弁当。


質感のある蓋を開けると上段には霜降りザブトンと呼ばれる肉と蒸しサラダ。
下段はロース肉とナムルが敷き詰められていた。

霜降りザブトンは生ワサビが2つ付属。それを少し付けて食べるのがオススメらしい。
まずは何も付けずに食べてみると塩胡椒らしき下味がほんのり付いている。
いや、下味ではなく和牛が持つ本来の旨みなのか?とにかく笑ってしまうぐらい柔らかい。
次にワサビで食べてみると、鼻にツーンと抜けるワサビの風味と肉の旨みが口に広がってくる。
これマジでうめぇ~!A5ランクすげ~!当たり前だけど筋張った部分は無し。
当然、脂身も皆無。おかげで肉がサッパリ食べれて良かった。


蒸しサラダは蒸しすぎず固すぎず絶妙な食感でコリコリ。

そして下段に敷き詰められたロース肉とナムルなのだけど、このナムルがめちゃくちゃ美味い。
肉も良いけどオレ的にはナムルの味が気に入ってしまった。どういう味付けなんだ?
ごま油のコテッっとしたしつこさじゃないし、もしかしてエゴマ油なのか?とにかく旨かった。
一番最後の一口を肉にするかナムルにするか悩んだけど、結局ナムルにしたもんね。

普段の昼飯は持参したオニギリかパンかカップ麺だけど、久しぶりにリッチな昼飯だったな~
いやはや満足満足。