Publisher Studio

2016/03/26

【デパ地下っぽい?】 ボーノ食専館 相模大野



1月より改装工事を行っていたボーノ相模大野2階フロアが本日グランドオープンしたので
様子見がてらに行ってきた。

オープン記念で各店舗の特典や限定品、割引セールなどやっている。
店舗によっては26日の当日限定だったり2日間限定だったりとバラつきがあり、
また先着順や数量限定なところも多い。

訪れたのは15時頃。とにかく人出が凄く通路も売り場も大混雑。
特に生鮮市場の集中レジが混んでいて「最後尾」と書かれた看板が出ていた。
生鮮市場は野菜「京都八百一とUna casita」、肉「かつヰ」、魚「魚耕」となり、
集中レジで会計するためスーパーマーケットのような雰囲気。
そういえばUna casita(おなかすいた)って前はクレイジーパントリーって名前だったよね。
野菜が1Fのライフよりも安くて結構穴場のお店なので重宝しそうだ。

以前は食品だけでなく雑貨屋などもあったけど、リニューアル後はキッチン雑貨の「casa Rico」と
「ミヤモトドラッグ」と生花の「フローリストヒラリ」と3店舗のみ。
オギノパンやたこ焼き屋のあったイートインスペースもサーティーワンだけとなっていた。
店舗を見る限り惣菜や和洋菓子などがメインでなんとなくデパ地下っぽい雰囲気だね。
庶民的リーズナブルなお店よりもちょっと高級志向な店が多いな。

20時過ぎに再び訪れてみたが思った以上に人が多く、また多くの店舗で完売となっていた。
それと魚耕では鮮魚が割引されていてお買い得となっていた。
閉店21時だから20時半頃が割引になるのかも(ちなみに1Fライフは20時頃に割引される)

何はともあれリニューアルしたボーノ相模大野が今後どう客足を伸ばしていくかだね。