Publisher Studio

2016/05/18

【横浜で沖縄そば】 うちなーすばヤージ小(うちなーすばやーじぐわー)


出張の帰りに「お昼は沖縄そばの店に行きませんか?」と誘われて
横浜は鶴見区にある「うちなーすばヤージ小(うちなーすばやーじぐわー)」という店に行ってきた。

最寄り駅はJR鶴見線の弁天橋駅から徒歩5分の仲通商店街内に位置する。
あまりに周りが寂れていて「ホントにやってるの?」とちょっと心配になるも暖簾が出ていて一安心。

なお車の場合は駐車場がないので店の隣のコインパーキング(15分100円)に停めることになる。
ぶっちゃけ大体の客が店の前に路駐していた。

訪れた時間は12時半とランチタイム真っ只中。
外には数人のお客が並んでいたけれど回転率は早い。
客層は地元の人らしきが多くおばあちゃん連れの家族の他、サラリーマンの姿も目立った。

店内はテーブル席が5卓ほど。混雑時は相席。2Fもあるらしい。
また店の中には沖縄そば、缶詰、コーレーグース、スパムなどが売られていた。

卓上には沖縄お約束のコーレーグースに紅ショウガの他、唐辛子と何故かケチャップ。
唐辛子はともかくケチャップは何に使うんだろうね?

メニュー表はこんな感じ。



沖縄そばやソーキそばだけでなくチャンプル系の定食などもある。
面白いのは焼きそば。ソース味はともかくケチャップや塩、醤油味も選べるとのこと。
だから卓上にケチャップが置いてあったのか。

初めてなのでスタンダードな沖縄そば(500円)を中盛(+80円)で注文。
同僚に「大盛りで150円ならそっちが良いですかね?」と相談すると、大盛りはめちゃくちゃ
量が多く洗面器みたいなので出てくるから最初は止めたほうが良いとアドバイスを受ける。

5分ほどで運ばれてきた沖縄そば中盛。
同僚の普通盛りとサイズを比べてみると器からして明らかに大きい。
中盛でこれだったら大盛りはどうなるのだろうか。

さて、3年ぶりに味わう沖縄そば。
トッピングはシンプルにベーコンとかまぼことネギのみ。
最初にスープを味わうべくレンゲを探したがこの店では用意していないのね。
そういえば沖縄で行った宮里そばもレンゲは無かったっけ。沖縄そばはそういうもんなのか。

味は豚骨というより鰹出汁というか、おでん出汁っぽいというかサッパリした味わい。
ついつい飲んじゃうのだけど、いかんせんスープの量が少ない。願わくば並々注いで欲しかった。
平べったい独特な麺の沖縄そばは若干固めに茹でてあってコシがあって美味しい。
また今度来るときは中盛じゃなく大盛りでも良いか?って欲張ると食べきれないかもな。

家系ラーメンがニンニクを入れて味チェンジするのであれば沖縄そばはコーレーグースと
紅しょうがを入れての味チェン。
コーレーグースは入れ過ぎると味が変わりすぎるのでほんの数滴だけで良い。
それと紅ショウガが最高にマッチ。これはマジで美味いわ。気に入った。

ところで「うちなー」と「すば」の意味は分かるけど、「ヤージ小」ってどういう意味なんだろうね?