Publisher Studio

2016/06/09

【平日1時間待ち】 食肉センター@神保町




今日は都内まで出張。

アポイントは午後一だったので少し早めに自宅を出発し、お昼を神保町にある
食肉センターで食べることにした。
店に着いたのは11時。
平日にも関わらず既に長蛇の列が出来ており、最後尾はローソンと天ぷらいもやの間ぐらい。
先頭から順番に数えていくと、だいたい35人ぐらいの位置だね。
食肉センターの店内キャパは38席とあったのでギリギリ最初のロットで入れるか?と思いきや
1人で来ている客も多く、基本的に相席にしないため実質20~25名ぐらいしか入れない。

故に最初に入った客が45分のランチタイムを終えるまで入れないため、
結局11:00に並んで店内に案内されたのが12:30と1時間20分も待たされた。
最初のターンで入るには10時半ぐらいに並ばないとダメっぽいね。
食べている45分はあっという間なのに、待たされる45分は長いんだよな~

店内に入ると着席と同時にオーダーを聞かれるので人気のCセット(950円)を注文。
間髪入れずカウンター越しにライスとオニオンサラダ、スープが渡される。
この間、僅か30秒。めちゃくちゃスピーディーだ。

さてさて、久しぶりに味わう朝採りハツとレバ。
新鮮なのでエッジが立ってプルプルしてるのが分かる。そして切り身が分厚い。

ごま油と塩コショウ味が付いているのでカウンターには調味料用は一切なし。

これらの肉を一気に鉄板の上に乗せて焼く。
上品に1つ1つを焼くのも有りだが45分しかないため、まとめて一気に焼くのが時短なのだ。
また鉄板の火力が一番強いところが端っこなので、そこに肉を乗せるのがオススメ。

レバの表面を軽く炙り、やや半生の状態で食べるのが美味いんだわ。
新鮮だからこそレアで食べれるんだろうね。

ところで以前は2人前のハツダブルを頼んでいたけど、ハツだけだと飽きるので
今回は終始Cセットを注文した。ダブルで頼むと出てくるまでちょっと時間がかかるが
Cセットなら頼んですぐに出てくる。これまた時短なのだ。

結局、Cセットを5回オニオンスライスサラダを4回頼んでフィニッシュ。
ライスで食べるよりもレモンの味が付いたオニスラの上に乗せて食べると肉も程なく冷え、
またサッパリと食べれるのでお気にい入り。

そういえば隣りに座った人が鉄板の上の肉が焼けたら全てご飯の丼ぶりの中に入れて
追加注文を頼んでいたけど、全てを食べ終わった後じゃないと追加は出来ないはずだよね?
たまたま店員が丼ぶりの中まで見ていなかっただけ?
その人は肉が焼けたらすかさず丼の中に入れて注文していたんだよな・・・

んで、それを見ていた更に隣の人が真似していたけど、オニスラの上に肉が少し残った状態で
追加注文して注意されていたな。肉が見えなければ有りなのか?

・・・ま、せっかく新鮮で美味しい肉を焦って食べるもの勿体ないので、自分のペースで食べるのが
良いよね。また食べ放題だからと言って苦しくなるまで食べるのもナンセンスだもんな。