Publisher Studio

2016/06/03

【聴力低下の疑い?】 小学校の耳鼻科検診結果




5月の半ばに息子の通う小学校で耳鼻科検診があり、その結果「鼻炎」と「聴力低下」の
疑いがあると校医から認められたので、再検査をしてくるようにと通知があった。
思えば息子が2歳ぐらいの時に風邪から中耳炎にかかってしまい、その時に耳鼻科で
「鼓膜にパイプを通す手術(鼓膜チューブ挿入術)が必要になるかもしれない」と
言われていたのだが、結局は薬で治ったので安心していたんだよね。

だけどたまにテレビの音量を上げて観ていたりすることがあったので、
「やっぱり耳が悪いのか?」と心配はしつつも、普段の生活に支障は無さそうだったし
話す声の大きさも普通。都合の悪いことを言われるとわざと聞こえないフリをすることはあるが
それ意外は特に問題なく聞こえているものだと思っていた。

しかし今回のように耳鼻科検診の結果で「聴力低下」なんて診断が出てくると、
本人的には聞こえているつもりでも実際は聞きづらかったのか?と心配になって、
ひとまず子供が聞こえるという「モスキート音」を検索して聞かせてみた。

すると18~24歳が聞こえるモスキート音(16,000Hz以上)が聞こえないと言うではないか。

・・・とはいえ別にモスキート音が聞こえない=耳が悪いという事では無いし、
日常生活で17,000~20,000Hzの高い音を聞くかと言えば聞かないので全く問題は無いのだが
それでも子供に聞こえる音が聞こえないっていうのは心配ではある。
(※結果的にyoutubeにUPされているモスキート音は16,000Hz以上は聞こえない仕様だった)

なんにせよ校医から「病院で再検査」と言われているので、相模大野の有名な耳鼻科である
もみやま耳鼻咽喉科に行ってきた。

結果から言うと全く問題なし。鼓膜も綺麗で炎症も無いと言われる。

聴力レベルのテストの結果では聴力低下のラインは-25dB以下なので基準値内に収まっているし、
人間が最も耳にする周波数帯の500~2,000Hzも十分に聞こえていると説明して貰った。
ではなぜ聴力低下の結果が出たのかと言うと、おそらくオージオメーター(ヘッドフォンを
付けて音が鳴ったらボタンを押す機械)の使い方が分からず適当にボタンを押したか、
または周りが騒がしくて良く聞こえなかった事が考えられる。とのこと。

息子いわく「聞こえたらず~っとボタン押してた」と言うと、先生が「聞こえなくなった時に
ボタンから手を離すって事が分からなかったんだな」とフォローしていた。

鼻炎の方は「もしかしたらホコリ程度の軽いアレルギー性の鼻炎があるかも?」との見解だが
これもしばらくは様子見ですぐさま何か薬を飲まなければという事もなし。

過去の中耳炎が原因で難聴になったらどうしよう?と心配だったけど杞憂に終わって良かったよ。
いや、ホント、マジで良かったわ~