Publisher Studio

2016/07/01

【見た目はB級】 マルヤ製菓 生クリームたい焼き@町田




町田仲見世通りの入口にある「マルヤ製菓」は毎月1日と15日が特売日だったことを思い出し
久しぶりに買いに行ってきた。


大判焼きの小倉が通常100円のところ70円、たい焼きは全品30円。
たい焼きは全品なのに大判焼きは小倉だけなのかは謎。
なお大判焼きの種類は多いけど、たい焼きは温かいつぶあんか生クリームの入ったものだけ。

そこで大判焼きの小倉(70円)と生クリームたい焼きのつぶあん(150円)とカスタード(150円)を購入。

生クリームたい焼きは冷蔵庫の中から取り出され、持ち帰り時間を聞かれたので
だいたい1時間ぐらいと答えるも特に保冷剤を入れるとかは無し。
2時間だったら保冷剤を入れたのだろうか?これから夏場になると溶けやすくなるんだろうな。

家に持ち帰った後に再び冷蔵庫で1時間ほど冷やして食べてみた。

真横から見ると大したことなのだけど、 側面を覗くとたい焼きからはみ出るほどギッシリと
詰まった生クリームの量がとにかく凄い。ビジュアルはB級グルメだよね。


肝心の味について、数年前に買った時は生クリームの味が薄いというか軽くてコクが無かったけど
今日のはしっかりと生クリームの風味を感じつつも、さっぱりした甘さが口に広がる。
コテッとした動物性のクリームではなく、空気が多く含まれたフンワリ植物性のクリームって感じ。

そのため中に入っているカスタードやつぶあんの味が引き立って美味い。

たい焼きといえば皮はパリッとしたイメージだけど、ここのたい焼きはフンワリ系。
どら焼きというかホットケーキというかワッフルみたいな柔らかい生地。

大判焼きの小倉(つぶあん)の生地は買いたてであればパリッっとしていたかもしれないが、
持ち帰りにするとしんなりしちゃうね。

小倉は甘さが控えめというか砂糖の含有量が少ないのかな?上品な甘さというよりも
昔ながらの懐かしい素朴な甘さだった。ま、この分厚い大判焼きが70円と考えれば納得かな。

数年前に町田の仲見世通りに行ったときは空き店舗が多くて随分と寂しい商店街だと思ったけど
今は飲食店などの店舗が続々と入ってきて活気溢れるようになってきたね。
あえて小奇麗にせず、ちょっと古めかしい造りにした店やカウンター席のみのチョイ呑み屋など
なんだかオレ好みの良い雰囲気になっていたな。
夜の様子がどんな感じなのか見に行くのも面白そうだと思った。