Publisher Studio

2016/07/03

【サッパリ背コッテリ腹】 カツオの腹と背の違い




地元のスーパーで特売だった生カツオの刺身。

値段は全て398円・・・と、よく見ると370円のモノもある。
グラムで決まっているのかと思ったが、腹と背で値段が違うことに気が付いた。
ところでなんで背の方がちょっと高いんだろう?とググってみると、腹は脂が乗っている代わりに
カロリーも高く、まれに寄生虫(カツオ虫=テンタクラリア)が居ることもあるそうだ。
ただアニサキスと違ってカツオ虫は人間に害を加える事はないけど見た目がイヤだよね。

一方、背の方は脂が少なくサッパリした味わい。オニオンスライスや薬味をたっぷり乗せて
サラダ感覚で食べるも良いらしい。またバーナーで炙ってタタキするのに向いているとのこと。
しかしカツオの刺身を買うときに「腹」とか「背」とか全く意識して買ったことがなかったな。

今日は暑いし脂っこいのは食べたくない気分だったので、サッパリという「背」の部分を購入。
柵で買って刺身用に切ってもらう。プロが柳包丁で切ると綺麗なんだよね。
ついでに128円だったアジも買って三枚の刺身用に捌いてもらう。

たっぷりのミョウガと大葉、ニンニク、オニオンスライスを敷いて生姜醤油とポン酢を混ぜたものを
上からドレッシングのようにかけ回して食べる。

確かに背側は脂が少ないのでコッテリした味わいは感じられないけど、サラダのようにして
食べるには十分に美味い。あっさり目が好きならば背、脂ノリノリのコッテリ好きなら腹側。

・・・とは言え、正直、背側も腹側も新鮮な生カツオだったら美味しさには大差ないんだろうね。

ところで一緒に捌いてもらったアジなのだけど、スーパーで三枚に下ろして皮を引いてあるので
自宅では小骨をピンセット(毛抜き)で取って切るだけ。
たったこれだけで398円で刺身パックになっているアジの刺身が128円で食べれると考えると、
多少なりとも手間をかけてお得に食べたいよね。