Publisher Studio

2016/08/04

【自宅で焼いても旨かった】 日高屋の冷凍生餃子


日高屋で売っている冷凍生餃子(30ヶ入り)を買って自宅で焼いてみた。

いかにも業務仕様なビニール袋に入った冷凍生餃子と餃子のたれが付いてくる。
これで値段が580円だもん店で食べるより断然安いよね。
しかも原材料を見てみると豚肉でカナダとアメリカ産を使っている以外は全て国産。
てっきりニラや白菜は中国産だと思っていたよ。それで580円はやっぱり安いわ。

さて日高屋が推奨する美味しい冷凍生餃子の焼き方はコチラ
1:よく熱したフライパンに少量の油を引き冷凍生餃子を並べます。
  ※この時点で焦げ目をつける必要はありません。

2:計量カップ1杯(200cc)の水を入れ、フタをして約5分中火で蒸し焼き。
  ※1人前でも2人前でも水の量は同じです。

3:水が無くなる寸前に火を弱火にして、大さじ1杯(15cc)の油を餃子に垂らして約2分。
  美味しい焦げ目が付いたら出来上がり!
  ※油が跳ねるので火傷にはご注意下さい。

ここで1番の「この時点で焼き目を付ける必要が無い」というのは知らなかった。
今までは火を入れて薄いきつね色になるまで焼いていたよ。

ちょうど水が無くなった頃合いを見計らってごま油をフライパンの縁からクルリと一回し。
日高屋の焼き方では大さじ1杯の油を入れるのだけどオレはごま油を入れるようにしている。
その方が風味が立って旨いと思うんだよね。
ちなみに2番の水を入れるとき、その水に小麦粉を少しだけ溶かしてあげると羽が付く。

焼き上がった日高屋の餃子は部分的にちょっと焦げ目が薄いかな?とは思うけど上手に焼けたと思う。
たぶん皮が厚めなので焼いたときに破れにくいのだろう。
味は当たり前だけど日高屋で食べる餃子そのまんまの味。
皮はモッチリ、具は肉と野菜のバランスが取れており、また油っぽさも無いので普通に旨い。
ニンニクは入っていないので物足りなければ餃子のタレに下ろしニンニクを混ぜるのもアリだね。

店では出来ない大根おろしとシソの葉を乗せて食べてみる。
これがまたサッパリして旨いんだわ。ヤバイね。文句なしにうめぇ~!ビールも進みまくるよ。
もうスーパーで売っている餃子は買えないな。リピート確実だわ。



・・・というワケで日高屋の冷凍生餃子はコスパも高くオススメの一品です。