Publisher Studio

2016/08/13

【スモジの新メニュー】 シークァーサーつけ麺@相模大野



相模大野ラーメン二郎(スモジ)にて、おそらく期間限定であろうシークァーサーつけ麺なるものを
販売中と知ってさっそく食べに行ってきた。

訪れたのは午前11時ちょい過ぎ。
こんな時間にも関わらず珍しく列が伸びていたので何事かと思ったら、
どうやら食器洗浄機が故障して今日は12時までの営業とのこと。そんなことあるんだね。

最後尾に着くと前の人から券を手渡され「後ろに人が並んだら渡して下さい」と伝えられる。

今回はケースが違うけど通常麺切れの時はこんな券を渡すんだね。

本日のお目当てはシークァーサーつけ麺。
値段は普通のつけ麺と同じく150円(通常のラーメン700円プラス150円=850円)
並びながらシークァーサーつけ麺の売れ行きを見ていると、思ったよりも多くないかな?
やはり普通のラーメンを頼む人が圧倒的に多い。
思えば旧店舗のスモジは夏場は店内が異様に暑くラーメンを食べようものなら滝のような汗を
流して食べていたが、今の店舗に変わって店内も広くなり、また業務用の扇風機をガンガン回して
涼しいため、そこまで汗をかかずに済むんだよね。

さてさて、期間限定であろうシークァーサーつけ麺。
親方が「シーカの方~」と言うので一瞬戸惑うも、シークワーサーつけ麺だと理解。
コールはそのままで注文。

ビジュアルは普通のつけ麺と何ら変わらず。
いつもスープに入っている柚子胡椒が固まっているので、食べる前に箸でスープをかき回し
中に入っているシークヮーサーの原液を拡散しておく。
スープを一口飲んでみるとスモジの乳化気味になったスープとシークヮーサーの爽やかな
風味が相まってスッキリ旨い!特に野菜が美味しく感じるのはドレッシングっぽいから?
あとニンニクは入れないのが良いかも。せっかくの爽やか感がスポイルされそうだもんね。

普段はしょっぱいと感じるスモジスープがシークァーサーを加える事によって酸味が引き立ち
飲んだ瞬間は酸っぱいと思うのだけど、後からスープの味が効いてくる。
上手く表現できないけれど、さっぱりしているのに全体的にはマイルドみたいな。

もうこれは一度食べてもらえば分かると思う。ホント限定じゃなくレギュラー化して欲しいよ。
くーねるまるただったら持参したチャーシューならぬシークァーサーの原液を入るレベル。
酢の酸味とはまた違った味わいなんだよね。いや~めっちゃ気に入ったわ。

しかも今日は助手の1人が女性ではなく男性だったため、麺の洗いと水切りがしっかりしており
更に固めに茹でてあったのでプリプリ・ゴワゴワ食感が楽しめた。女性の助手は麺のシメが適当で
正直イマイチなんだけど、今回は久しぶりに「やっぱスモジってうめぇ~」と実感できた一杯だった。

ちなみにスモジで使っているシークァーサー原液をネットでググってみたら、「湧川商会シークワーサー」
としてamazonで1本513円、楽天だと399円で売られていた。
この柑橘系の味、クセになるよ。スモジ親方もシークァーサーを入れるとは考えたよな~
(後から知ったのだが野猿二郎が発端だったのね)