Publisher Studio

2016/10/13

【ご飯が多いだけじゃん?】 デカ盛り 古都@埼玉県入間市




本日より1泊2日で埼玉県は入間市周辺に出張。
そこでお昼はデカ盛りの聖地と呼ばれている「古都」に行ってきた。



訪問した時間はランチタイムよりだいぶ遅れた14時頃。
お昼の営業は14:30までとなっていたが、駐車場には他県ナンバーの車がチラホラ停まってた。
平日のこんな時間でも客足が途絶えないことに店の人気が伺える。

店構えは「味の民芸」っぽい和風な感じであまり目立たない。
そのためうっかりすると通り過ぎてしまう。
外見と同じく店内も和風でテーブル席と座席の構成になっているが、どうやら奥にも部屋があって
かなり広い作りになっている。

メニューはかなり豊富で目移りしてしまう。
そこで店員さんに「よく出るメニューはなんですか?」と聞いたところ週替りランチが一番多く、
次にチキンカツ、とんかつカレー、スタミナ、焼肉定食ですと教えてもらった。



迷いに迷ったあげく注文したのは人気メニューの「焼肉定食(1,030円)」にした。
ちなみに一緒に行ったメンバーはミニ天丼やカレーを注文。

しばらくすると「サービス品ですが、ヒジキが苦手な方は居ますか?」と話しかけてきた。
なんだか居酒屋のお通しみたいな感じで面白いね。
手作りヒジキは味が染み入っててなかなか美味い。

待つこと10分で同僚のミニ天丼が来たのだけど「え?これのどこがミニ??」と思えるほどの
天ぷらが山盛りになった丼が運ばれてきた。
メニュー写真をよくみると確かに丼のフチが隠れるほど天ぷらが山盛りになって乗っているわ。
ミニ(770円)でこれだけの量だったら普通の天丼(990円)ならどれだけ量があるんだろうね。

続いて単なるカレーライス(790円)が運ばれてきたが、カレーの中にご飯がそびえ立っていた。
さすがはデカ盛りの聖地だけはある、なんだか焼肉定食が不安になってきた。

やっとオレの焼肉定食が運ばれてきたと思ったら、ご飯がまんが日本昔ばなし盛りになっている。
いやいや、こんなに食べられるわけないでしょ。っていうか大盛りなんて頼んでないよ~

そこで店員さんに「ご飯をもっと減らしてもらって良いですか?」とお願いすると快く快諾。
しかも「途中でご飯が足りなければ減らした分のご飯を持ってきますね」と言ってくれた。

せっかくなので昔話盛りになったご飯を1枚撮らせて下さいとお願いして記念写真。
っていうか、よくもこうやって綺麗に漫画みたいに綺麗に盛れるもんだと関心。

減らしてと頼んだにも関わらずまだご飯は大盛りだったが、なんとか食べれそうだったので
ひとまず食べ始める。なお焼肉もご飯に負けず劣らず量がハンパなく多い。

焼肉は豚バラ肉を甘じょっぱい醤油で味付けしてあってご飯が進む系。
しかし脂が多く皿の下に溜まっているので味が濃くなってきて喉が乾く。
ぶっちゃけ「絶品!マジ激ウマ!」と絶賛するほどではない、よくある定食屋の味かな。
言うなれば肉の量は多いが味は平凡だね。

付属のミニうどんはコシはあるものの正直あまり美味しくない。
オマケなので文句は言えないけど汁がイマイチだったな。
あと味噌汁は煮立っててしょっぱいだけ。これはダメだな~

よくよく冷静に考えたら自宅で豚バラを焼いてご飯を昔話盛りするのとなんら変わらないよね。
単に肉とご飯の量が多いだけ。値段も1,030円だったらまぁこんなもんだって思っちゃうかな。
これが700円であれば「安くてコスパ高い」となるのだけど1,000円超えちゃうよねぇ。

1,000円といえば通常1,030円のところ、ご飯を半分にしたため30円値引きしてくれたんだ。
更には「ご飯半分にしてとお願いしたのに少し残してスイマセンでした」と謝ったら
「気にしないで下さいね」と言ってくれた着物姿の店員(女将)さんが愛想が良くて感じが良かった。

最後になるけど、デカ盛り聖地の店にも関わらず「ご飯ハーフ(半分)」とか「少なめ」にして
注文するぐらいなら、わざわざ遠くからこの店に来なくても良いよね・・・