Publisher Studio

2016/11/25

【カキフライ始まりました】 キッチンマミー@神保町




東京の本社に出張の際、久しぶりに神保町にあるキッチンマミーでランチ。
・・・というかキッチンマミーはランチタイム(11:30~14:30)のみの営業なんだけどね。
訪れた時間はお昼チョイ過ぎ。
外から店内を覗くとカウンターに1名だけ空席があるのを確認。
そこですかさず店外にあるメニューに目を通しておく。店内にもメニュー表はあるけれど
卓上にはなくカウンターの上の方にあって見づらいんだよね。

なので店に入る前に予め注文するものを決めておいたほうが良いのだ。
ちなみに一番の人気メニューはミックスセット(850円)となっている。

店内は7名掛けのカウンターと4名テーブル席が2つ、そして2名掛けテーブル席が1つ。
混雑時というかテーブル席はだいたい相席となる。

さて、注文は今季スタートとなった「カキ・トリセット(900円)」にしてみた。
生カキフライ2個、若鶏スティック4本、ポテトコロッケ1個にライスと味噌汁が付く。
この他に「カキ・メンチ」もあったけど、オレはここの若鶏スティックの味が好きなんだ。

待つこと10分ほどでカキ・トリセットが運ばれてきた。

ご飯は通常でもかなりの盛りとなっており、また味噌汁の具はキャベツがデフォ。

久しぶりに見るキッチンマミーの揚げ物軍団は迫力満点。小高い山になっているんだよね。

敷いてある千切りキャベツでかさ増しっぽく見えるけど、実際に食べ進むと量に圧倒される。
正直ご飯は半分でも良いかも?なんて思えてくる。
あと写真では見えないが揚げ物の定番であるレモンも添えられている。

卓上調味料としてソース、醤油、マスタード、塩、ゴマドレが置いてあるので好みで味付け。
個人的にオススメなのは千切りキャベツに醤油だね。
本来はキャベツにソース派だけど醤油をかけることによりキャベツがサッパリして良いのだ。

肝心の生カキフライはかなりの大粒。
やよい軒や大戸屋で食べたカキフライの一回りは大きいんじゃないかな?

周りの衣だけで中身がショボいなんてことはなく、ギッシリと詰まっている。
しかもトロリ濃厚な牡蠣エキスが口の中に広がって・・・って、今ブログを書いている時点で
再び牡蠣の味が蘇ってきて食べたくなってきた。それぐらい旨いんだわ。

キッチンマミーの揚げ物はパン粉の衣が周りに飛び散るほどザクザクと歯ざわりが良く、
イチ押しの若鶏スティックフライ(ササミを棒状にして揚げたもの)をツマミにビールが飲みたくなるよ。
しかもよく見るとちゃんとビール(500円)が置いてあるんだよね。
さすがにサラリーマン率が多い店なので昼間からビールを片手にしている姿は見たことがないけど
もしかして土曜日(日曜は週休)は、そういう人が居るのかも?

そう言えば米粒を残さず食べていたところ、マミーが「綺麗にまとめて偉いねぇ」と話しかけてきた。
オレはお皿やお茶碗に米粒が残っているのが好きじゃないのと、我が子にも「お米は残さず
全部集めて食べるように」と言ってるから、これが普通だと思っていたよ。
たまたま先に帰った両隣の食器を見るとご飯粒が結構残ってたから言ってきたのかもね。