Publisher Studio

2016/12/11

【そんなのあり?】 少なめラーメンの更に少なめ@ラーメン二郎相模大野




いつもは臨休である日曜日が珍しく営業だった相模大野ラーメン二郎(スモジ)に行ってきた。
おそらくこれがオレの中での今年のラーメン二郎食べ納めとなるであろう。
訪れたのは11時過ぎ。並びは皆無。
まぁイベント(千秋楽)等ではない限り、お昼時を外せば並ぶことは殆ど無いよね。

着席すると目の前に「いす」と書かれたシールが貼ってあった。
そう言えば以前スモジ公式ツイッターで「こちらのシールに〝いす〟を合わせて座ってもらうと
左右の間隔がちょうど良く座ってもらえます。 ※たまに〝カン〟が悪い方もいらっしゃいます。(笑)」なんて一言余計な人をおちょくった煽りツイートをしてたっけ。
「(笑)」を付ければアリみたいな考えだとラーメンの味はともかく本人の評判を落とすのにねぇ?
・・・まぁ書いてる当事者は分からないのか(笑)

さて注文はラーメン(700円)そのままver。


前と比べてしょっぱさは少なくなったのと、茹ですぎデロデロ麺じゃなくなっていた。
いわゆる当たりブレってヤツ。ただ本当にこの店はブレが多いので一概には言えないけどね。
ブタの厚みもバラツキがあるし、麺の量もかなり減ったよね。
以前は「昼にスモジ食べたら夜は何も食べれない」ってぐらいお腹も一杯になったんだけど、
今ではそんなことないもんな。ホントに300gあるのかね?と勘ぐるわ。

ところでラーメンなんて久しぶりだなと過去ブログを読み返すと今年になって初めての注文だった。

数えると通常のつけ麺を1杯、賄いが3杯、8月頃に売り出したシークワーサーつけ麺が1杯と
合計5杯のうち、全てつけ麺ベースのものばかり。
あと去年と比べてスモジに行く回数が激減したのも大きな要因かな?
おそらく来年は賄いとシークワーサーつけ麺があるときぐらいしか行かなくなりそうだよ。

そう言えば、とあるお客が着席時に「少なめラーメンの少なめって出来ますか?」と聞いていたら
店主が仏頂面で「あぁ・・・ハイ」と答えていて、そんなオーダーも可能なのかと驚いた。
少なめの更に少なめってどんなんだろうね?
嫌味な店主なので麺が数本だけってことはあるまいな?とドキドキしながら見ていたが
どうやら普通に少なめで出いていたっぽいので安心した。

もしもオレが少なめラーメンでも食べきれないと判断したら普通に残しちゃうけどね。
そう思うと律儀なお客さんだったな。