Publisher Studio

2016/12/30

【寿し常@町田】 リーズナブルにカウンターで楽しめる寿司屋さん




毎年恒例行事である家族の忘年会として今年は町田にある「寿し常」に行ってきた。
「寿し常」はステーションスクエア相模大野にもあるのだけど、食べログの評価がイマイチなのと
店先から店内を覗くと活気がないというか、なーんとなく盛り上がりに欠けているのだ。

そこで同じチェーン店でも町田店は特に優良店という口コミもあり、どうせ食べるのであれば
少しでも評価の高い店舗の方が良いもんね。

訪れたのは18時ちょっと前。
夕食時には早いと思っていたが、店舗前は既に待ち客がズラリと並んでいる。
やはり評判通り人気の店舗なんだなと知る。

公式HPに載っているメニューの他に店舗限定メニューや本日のおすすめ品があったりする。
「おこさまにぎり」なんてのもあるので子連れでも大丈夫。



30分ほど待たされて店内へ。
このとき座席はカウンターを指定。せっかく回転しない寿司屋だもんカウンターでしょ。


意外なことにカウンター席よりもテーブル席のほうが人気というか指定待ちの人が多かった。
やはり4人以上の家族連れはそっちを選ぶ率が高い。

最初は奥さんと2人で「冬仲良しセット」を注文しようと思ったけどイマイチ好きなネタが無いのと
天ぷらも茶碗蒸しも特に食べたくなかったので、スタンダードな粋魚にぎり(1,680円)を各自で注文。
このとき息子に対して「ワサビは抜きの方が良いよね?」と店員さんからの気遣いあり。

ひとまずビールで乾杯。
ジョッキよりも瓶ビールの方が寿司に合うと思うのはオレだけだろうか?
お通しはマグロ煮でなかなか美味いが冷たかったので温かければもっと良かった。

ところでオレが想像していたカウンター席とは違い、板前さんが握った寿司は全てがお盆に乗って
出されてきた。
てっきり梅ヶ丘の美登利寿司や日の出町の初芳鮨みたいにカウンターから1貫ずつ寿司下駄に
乗せられるものだと思っていたので拍子抜け。まぁチェーン店だもんな。

さて出てきたお寿司は全部で10貫。それにアラ汁が付く。

ネタはどれも大きくて食べ甲斐がある。
個人的に気に入ったのはボタンエビ。甘くねっとりしてて旨かった。
あと箸休めで添えられたゴボウ。これが妙にさっぱりしてて気に入ってしまった。

ビールの後に緑茶ハイってのを頼んでみたのだけど、これがまた濃いんだわ。
だけど意外とハマる。


10貫の寿司を食べ終えた後に別途ウマヅラ、ブリ、サワラを2貫づつ注文。
奥さんに限ってはデザートでセミフレッドドルチェなるものを食べていた。別腹すげーな。
このとき店員さんが「お子様にはサービスでアイスがあります」と出してくれた後、
さらに厨房から板さんが「これ食べて」とミルフィーユのオマケを出してくれた。サービス良いねぇ。

そういえば定期的に鐘を鳴らして「北海道産ツブ貝が入りました~」とか「ホタテ用意できました~」と
厨房内で板さんが回ってくる。
値段を言わず幾らなのか分からないため躊躇していたところ、酔っ払ったお客さんが
「それ貰おうか~」と何度か頼んでいたっけ。せめて値段を言ってくれれば考えたんだけどね。

最後になるけど寿司をカウンター席で食べる経験を息子にさせてあげられて良い思い出もになったし
最終的な支払金額も大人2と子供1で9,000円と回らない寿司屋にしてはリーズナブルだったし、
また行ってみても良いと思えるお店だった。