Publisher Studio

2017/01/05

【チョイ飲みにも使える】 嵯峨谷で2枚もりそば@神保町




今日は東京の本社に新年の挨拶を兼ねての出張。
そこで昼食は神保町にある「嵯峨谷(さがたに)」という名の蕎麦屋に行ってきた。


訪れたのはランチタイムから少し遅れた13時半頃。
店頭には商品ディスプレイが飾ってあるため、なんとなく雰囲気は掴める。

店内は横に長いカウンター席とテーブル席が数席。
やはり神保町という場所柄から客層は殆どがサラリーマン。そしてグループより1名客が多い。

入ってすぐ横に券売機があるが、メニューの種類が豊富なので初訪問だと面食らうかも。
故に入店前に店頭ディスプレイを見て予め決めておくのが良いだろう。

無難なのは蕎麦と丼ぶりのセットものだけど、常連らしき方々は蕎麦に単品の天ぷらや
かきあげをサイドオーダーで頼んでいた。
ところで券売機をよく見ると「生プレミアムモルツ」が1杯150円と激安。
たまたま隣で頼んでいた人が居たのでチラ見するとミニグラスではなく普通に中ジョッキ。
天ぷらをツマミに一杯やっても1,000円でお釣り来るじゃん。チョイ飲みで十分使えるね。

さて、注文したのは人気メニューランキング5位の「二枚もりそば(520円)」
厨房カウンターにチケットの半券を渡し、書かれた番号を呼ばれるまで待つスタイル。
そば又はうどんにするかこのタイミングで告げる。
実は2枚とあったので一つは蕎麦、もう一つはうどんか?と勝手に勘違いしていた。

5分ほどで二枚もりそばの声がかかる。
割りと混雑している店舗なので、ボケッっとスマホなんか触っていると番号を聴き逃してしまうため
出来れば厨房から近いところに座席を確保しておくほうが良いかも。


つなぎを使っていない十割蕎麦は平打ちで田舎そばのような独特なコシある食感。
めんつゆは濃いけど出汁の風味はよく分からなかった。
ツンとするワサビの利きが良いのと薬味のネギを入れてツルツルとすする。
520円でこの味なら文句はないね。ただ2枚でも量的にはちょっと物足りないかも?
常連らしきがサイドオーダーで天ぷらを注文していたのも納得。

しかし先程も書いたけどビールの中ジョッキ1杯が150円って破格の安さだよね。
本社の近くにこんな蕎麦屋があるなんて今まで知らなかったよ。
数年後に本社に戻ってまだこの店舗があるならば、チョイ飲みでぜひ使ってみよう。

・・・ただ願わくばチェーン店舗を23区内で収めず町田まで進出してくれたら嬉しいな~