Publisher Studio

2017/01/09

【のし餅】 餅はトースターで焼くと美味い




実家から「のし餅を少し送ったから食べてね。余ったら冷凍保存だよ」と連絡があった。

そもそものし餅ってなんだっけ?平べったい餅だっけ?とググってみると、
「厚さ1.5cmほどに平たく伸ばした餅」と書いてあった。

・・・で、その餅が本日届いたのだけど、これがまたメチャクチャ大きい。
少し送ったってレベルじゃない。我が家のまな板(34☓24cm)にギリギリ乗るサイズ。
しかもそれが2個も送られてきた。

そしてこの餅が少し時間が経っているせいで固いんだわ。
しかも厚みが1.5cmなんてことはなく2.5cmいや3cm近くはある。
そんな分厚いのし餅は包丁を少し温めて切ると良いとあったけど全然ダメ。
そこでかまぼこ板を包丁の上に置いて押し付ける方法でなんとかカット。すげー疲れた。

これだけ分厚いと食べ甲斐があるよ。娘と息子は特に餅が好きなので喜んでいたな。
オレ的にはこの餅が冷凍庫の中に全て入るのか心配だったけど、なんとか大丈夫だった。

ちなみにこの手の餅は冷蔵庫で保管してもすぐにカビてしまうので、小分けに切ったらラップで
1個1個包んで直ぐに冷凍。食べる時は常温解凍を推奨と書いてあった。
もし翌朝に食べるのであれば前日の夜から冷蔵庫内でゆっくり解凍する方法もある。
冷凍したのを電子レンジで解凍するのもありだけど、レンチンすると餅がベタつくのがネック。
ただ柔らかい餅が好きな人や、きなこ餅にして食べる場合だったら良いのかな。
なお、常温解凍したお餅はそのまま普通にオーブントースターで焼けるそうだ。

・・・で、我が家は餅を焼くのはもっぱらオーブントースター。
これがホントに便利なんだわ(【誰でも上手に焼けるよ】 オーブントースターでお餅を参照)
参照ブログでは4分半で焼いているけど、厚みのあるのし餅の場合は6分ぐらいが良いと知る。
予熱を通すためにオーブン内に置いておく時間も5分あるとしっかり中まで火が通ると実証済み。

今まで佐藤の切り餅を食べていたのだけど、のし餅は柔らかさが段違いだね。
食べてみると舌触りと餅の歯ごたえ、そして伸び具合が全然違ってメチャクチャうめぇ~
外側の焦げ目がカリッ餅の中心はしっかり熱が入っててトロ~ン。やっぱトースター焼き最高だよ。
そりゃ娘も息子も奥さんも美味しいを連呼するはずだわな。朝から2個も食べちゃったよ。
焼いた感じからして普通の餅と違うんだよね。いや~良いのを送ってもらったわ。親に感謝。



これでしばらくは美味しい餅が楽しめるね。
磯辺に飽きたら大根おろしを乗せた辛み餅や納豆餅で食べるのも良いな。お汁粉も捨てがたい。

ところで成人の日の毎年恒例イベントとなっていた「相模大野のお正月2017」だけど、
今年は開催されなかったのね。
いつもだったら2~3日ぐらい前から駅前に張り紙広告があるのに今年は無いな~って
思っていたんだよね。なんで中止になっちゃったんだろ?
あそこで振る舞ってもらう甘酒、そして豚汁が好きで毎年楽しみにしていたのに残念だったよ。