Publisher Studio

2017/02/26

【飯フォト用】 マクロレンズ30mm/F2.8を買う




去年10月に銘玉と呼ばれるLUMIX G 20mm/F1.7を買ったのだけど、最短焦点距離が20cmと
微妙にフードフォトの時に寄れないストレスがあった。

そこで本日は我が誕生日ということもあって、誕プレとしてマクロレンズである
「LUMIX G MACRO30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」を買ってしまった。



スペック的には重量180gと軽いはずなのだけど、GM5に付けるとフロントヘビー感があるね。
写真で見ても分かるように少し長めのレンズとなるが、これぐらいの方がマニュアルでピントを
合わせる場合に持ちやすく、またカメラが安定するってのもある。もちろん手ぶれ補正付き。


フォーカスリングは適度な重みがあって回しやすい。
レンズボディ自体は樹脂素材なのだけど、持ってみると安っぽさは感じない。


あと驚いたのはAFの速さね。ススッっとピントが合うんだよ。多少迷ってもすぐに合うのよ。
20mm/F1.7はジーコジーコ鳴いて遅いため、このAFの速さにはちょっと感動したわ。

先程も書いたがGM5に付けるとレンズが長くて全体的なバランスは悪いけど、
標準マクロ画角の使い勝手の良さからGM5の常用レンズとなりそうだな。
そう考えるとますます20mm/F1.7の出番が減りそうだ・・・というか、買わなくても良かったかも。

さて。描写に付いては今更オレが作例を出すほどでは無いが、夜にスシローで細やかな
誕生祝いをしたためマクロレンズで寿司を撮ってみた。


いやぁ~当たり前なんだけど寄れるわ。メッチャ寄れる。あとボケも良い感じ。
しかもピントがスィっと合って気持ちイイ。買って良かった。
ただ寄れ過ぎるだけに光の当たる位置を考えないとレンズの影が被写体に落ちるね。

ところでスシロー期間限定の新味!ぶりブラックラーメンを食べてみたのだけど、
焦がしネギの風味と出汁が効いててウマイわ。麺もちぢれでスープに馴染む。

でもこれおそらく2月いっぱいで終わりメニューなんだろうな。
テーブルの上に置いてあったメニュー表のラインナップからも落ちていたし。


しかし飯フォトにマクロレンズ、最高にイイわ~
G 20mm/F1.7だと寄れないし被写体の周りまで写るしジーコジーコとAF遅かったけど
30mmだと周りの写り込みも少ないし、なにより寄れるのが気に入ったよ。

ひとまず今日は飯フォトだけだったけど、今度はスナップでも使えるか試してみよう。