Publisher Studio

2017/02/25

【ガッテン流】 とりもも肉で作る水炊き




我が家の水炊きは「ためしてガッテン流」が定番となっているのだけど
今日は手羽先が売り切れていたため鶏モモ肉でやってみた。

作り方は単に手羽先がモモ肉に変わっただけ。
土鍋に水を7分目程度まで張り、日本酒を100ccほど加える。
そこへブツ切りにした鶏肉を入れる。
ちなみにお湯から煮るより水から煮た方が灰汁と出汁が良く出るそうだ。

決してグラグラ沸騰させないよう火加減を調整して灰汁を取る。

ある程度の灰汁を取ったら弱火に落とし土鍋の蓋をして30分コトコト煮る。

30分経ったら火を消して更に30分~1時間ほど放置。

鶏から出た旨味(脂)が油膜となり、汁が透き通った感じになれば完成。
あとは食べるときに少しだけ温めてあげれば良し。

本来であればこの透き通ったスープをひとつまみの塩で軽く飲み、
肉を食し、最後に野菜と鶏肉団子を入れて食べるのがガッテン流だけど、
今回は面倒だったので肉を食べるタイミングで一緒に野菜を入れてしまった。

なお、野菜はシンプルにキャベツとネギだけ。
ゴチャゴチャと色んな野菜を入れるよりあっさり食べられるのがポイント。
そして水っぽくなる白菜を入れないのが我が家流。

今回は手羽先では無くモモ肉を入れてみたがメチャクチャ柔らかくプリプリした歯ごたえ。
手羽先の時はホロホロ食感だったけどモモ肉はプリプリだね。

続いて鶏脂の出汁がしっかり出たスープに少しだけ塩を加えての塩ラーメン。
これがまた美味いんだわ。家族4人で3玉ペロリと食べちゃったよ。
具なしでも十分だね。むしろ具が無い方がオレは好きだな。

翌朝、残ったスープにご飯を入れての鶏雑炊でフィニッシュ。
改めて冬は鍋だよね~