Publisher Studio

2017/03/13

【貸しトング】 神保町の食肉センターで食べ放題




本日は都内出張。
アポは午後からなのでゆっくり出勤しても良かったのだけど、せっかくなので久しぶりに
神保町の食肉センターに行ってきた。
訪れた時間は10時半ちょっと過ぎ。
もしかしたら一番先頭だったりして?と思ったけど、既に数人の待ち客が居た。
しかしまさかこんな時間から並んでいるとはビックリ。
1から4人目までは店先の椅子に座って待てるから楽なんだよね。

ひとまず最初のターンで入店できる人数内に並べたから良かったものの、
これが店の収容人数である38人より後になると次のターン入店となってしまい
最初の入店組が45分の食べ放題を終えてからの入店となるので、更に待たされることになる。
なので、出来れば最初の入店組である38人以内、できれば先頭から30番目ぐらいに
並べば安心できると思う。なお30人といえばローソンの入口前ぐらいの位置かな?

小一時間ほど並んで11時半。開店とほぼ同時に入店。
ところで食肉センターの売りである朝採り新鮮ハツとレバーは数量限定となっているが、
それ以外のメニュー(鶏モモとネックピートロ)ならランチタイムの15時までは食べ放題なので、
ハツやレバに拘らなければ空いている時間帯の14時ぐらいに行くのもアリかも。

あと意外と勘違いしている人がいるためか、ディナータイム(夜17:00~23:30)は
食べ放題をやっていないと掲示があった。確かに夜も食べホをやっていたら嬉しいけどね。

さて、着席と同時にオーダーを聞かれるので「Cセット」を注文。
間髪入れずにセットのご飯とスープ、サラダ、そしてハツとレバーがやってきた。

事前にごま油と塩コショウの下味が付いているので卓上に調味料等は一切なし。
あるのは給水ポットのみ。カウンター席は自分のテリトリーが微妙に狭いので隣の人に気を使う。

今までは皿からドバッっと網に流して肉を焼いていたが、ふとテーブル上の注意書きを読むと
「一度にまとめて焼かない」「火の調整をしない」「煙突の高さを変えない」などと色々書いてあった。
・・・というワケで1枚1枚を丁寧に乗せて焼くことにする。
ただ最終的に全部乗せるんだし、なんで一気にまとめて焼いちゃダメなんだろうね?
もしかしたら皿にある油も鉄板に垂らしてしまい、炎が上がってしまうから?

ひとまずCセットとオニオンサラダを堪能。
このレモン風味のオニオンスライスと一緒に肉を食べるのがベスト。
肉も微妙に冷えるし口の中がサッパリするのが良いのだ。

続いてハツダブル。部位は薄いのもあれば分厚いのもあってマチマチ。
薄いと直ぐに火が通るけど、食べ応えがあるのは分厚いハツだよね。
コリッっとした食感がめちゃ美味いんだわ。やっぱり朝採れ新鮮なだけはある。
中まで完璧に火が通らずちょっとぐらい半生でも食べちゃうよ。

ところで隣の人が肉を焼くのに「トング貸してください」と借りていたんだよね。
ハツやレバなら必要ないけど、焼いて炎が上がるピートロを食べるなら良いかもしれない。
っていうか貸してくれるの初めて見た。
あとハツも塩味だけじゃなくてタレ味もあることを知る。
ハツもレバも何度か食べていると飽きてくるのでタレに味チェンするのも良いかもな。

結局Cセット3回とハツダブル1回を食べた時点で「お時間10分前です」の声が掛かる。
最後にハツ単品を頼んでフィニッシュと思ったけど、お腹いっぱいで苦しくなるより
腹八分目程度で満足したほうが満足度が高いので止めておいた。
せっかくの食べ放題でガッツリ食べて「うー苦しいー」となったら本末転倒だもんね。

しかし待つ1時間は長く感じるけど、食べている45分はあっという間だよな~