Publisher Studio

2017/05/07

【飲まなきゃ安い】 味ん味ん@相模大野




GW最後を飾るべく久しぶりに七輪炭火焼肉の店「味ん味ん@相模大野店」に行ってきた。
週末の味ん味んは特に混むためEPARKで事前に予約受付を行っておく。
なお、17時の予約時点で28組待ち。呼び出されるおよその目安時間は19:30となっていたので
定期的にEPARKを更新していると、18:30頃に残り5組となったので自宅を出発。
店内に案内されたのは19:10頃だったので、目安時間はだいたい合っていたかな?

さて、味ん味んと言えば外せないのが「千切りキャベツ」
以前は山盛りとなったキャベツを2人で1つシェアして食べていたが、最近になって息子も娘も
よく食べるため各自で注文する。サッパリしているから1人でもペロリ余裕なんだよね。

後は定番「柔らかホルモンみんみん風」から始まり「牛タン」「レバー」「カルビ」などを注文。
しかし相変わらずホルモンは食べ頃が難しいね。



「ホルモンは腸の側だけカリカリに焼いて、脂の側は温めるだけで良い」とアニメのうりん6話で
言ってたのだけど、なんとなく怖いので焦げ目が付くまで焼く。
ところで腸の側ってどっちなんだろ?ヒダヒダがある部分なのか逆なのか分からず。
そして柔らかと書いてあるだけに、ホントに柔らかプルプル。
町田いくどんのホルモンは食べない娘も息子も「味ん味んは美味しいから好き」とお気に入り。

あと息子が「上ナンコツ」を食べたいと言うので注文したけど、本人的には「鶏のヤゲン」を
想像していたらしく、出てきたモノが違ってビックリしていた。
ただコリコリ食感と付属してきた塩だれが美味しかったとご満悦。なんて書いてはみたけど
実はオレも鶏ヤゲンを想像したら「ここに豚って書いてあるじゃん」と奥さんから突っ込みを受ける。

シメはこれまた定番の盛岡冷麺とハニートースト。
スッキリした酸味のスープと歯ごたえとコシある麺こそ冷麺の醍醐味だね。
もしも1人で味ん味んに来るならば、千切りキャベツと柔らかホルモン、そして冷麺だけで満足だよ。
そういえば以前は鶏の照り焼きだったのに今回は鶏ハムが入っていたな。
ハニトーは表面がカリッと焼けたパンズにメイプルシロップが程よく染み込んでバニラアイスと抜群マッチ。
添えられた生クリームと一緒に食べると最高に旨い。

最後になるけど今回はあえてアルコール注文を抑えておいたんだよね。
元々奥さんはそんなに飲む方ではないので梅酒、娘と息子はソフトドリンク、オレはレモンサワー1杯のみ。
「今日は酒を飲みに行くんじゃない、肉を食らいに行くのだ」と決めていたので、支払いは家族4人で
お腹いっぱい食べて8,000円。そう考えるとアルコールさえ飲まなければかなり安く上がるもんだ。