Publisher Studio

2017/06/13

【トータル10,410円】根面う蝕の治療費




3月15日より根面う蝕(こんめんうしょく)の治療を行ってから約3ヶ月。
やっと全ての治療が終わった。

単なる虫歯なら虫歯の箇所を削って詰めて1ヶ月程度で終わるのだけど、今回は根面う蝕と言って
歯の根元の側面に添っての虫歯が出来てしまい、結果的にその歯の神経を抜くことになった。
参考(歯の神経を抜いてきた)

神経を抜いてから約1ヶ月は神経の根に薬剤を注入しての消毒治療、次にインレー(銀歯)の型を取り、
最後にインレー装着という工程で治療をしてきたのだけど、当初に歯医者から「神経を抜いた場合は
1ヶ月以上の長期治療になる」と言われたとおりの期間がかかった。これがスムーズに予約が取れれば
もう少し期間は短かったかもだけど、人気の歯医者なので1週間待ちがデフォだったんだよね。

・・・で、最終日である本日は被せた銀歯の様子見と歯のブラッシング、あと虫歯菌が付きにくくなる
クリームを塗ってもらっておしまい。
更にオマケに歯科医院専用と書かれたZERO118という歯ブラシを貰う。


そう言えば以前も虫歯治療に行った時に最終日は今日と同じで様子見とブラッシング、クリーム、
歯ブラシおまけで1,070円を取られたんだよな。

そもそも毎回歯医者に行く前にしっかり歯磨きをして行くのでわざわざブラッシングなんてしなくても
それなりに綺麗になっているはずなんだけど、なんでまたブラッシングするのかねぇ?
ただ様子を見るだけじゃ検診料しかポイントが入らないから?

ちなみに今回は初・再診料46点、歯冠修復及び欠損補綴309点の合計355点、負担額1,070円だったんだよね。

正直、これで1,070円は高いわな・・・って以前も自分でブログに書いてあったわ。

これでまだ歯のブラッシングをマスクの美人看護師さんが手磨きしてくれるのであれば1,070円でも
安いと思うけど、リューターのような機械を使って事務的なブラッシングだったので、今度から最後のチェックは
無理して行かなくても良いかな~?とか言ってみたりして。

最後になるけど、神経を抜く根面う蝕の治療代はトータル10,410円。
そう言えば前の虫歯治療(神経は抜かない)の時も1本約1万円だったので、虫歯治療は1本1万なのかも。

そう考えると改めて歯は一生モノだし、大事にしないと金が掛かるってことだね~