Publisher Studio

2017/07/14

【家二郎】自宅で昆布ナッツ




先日、相模大野ラーメン二郎(通称スモジ)で食べた限定メニュー「昆布ナッツ」が気に入ってしまい、
自宅でも真似して作ってみようとマルちゃんの「山岸一雄」監修つけ麺専用中華麺と塩昆布、
タマネギ、生姜、おつまみ用のピーナッツを買ってきた。

作り方は玉ねぎをみじん切り、すりおろし生姜、ピーナッツは袋に入れて叩いてクラッシュさせたら
塩昆布と混ぜ合わせ、最後のカツオのタレで和えれば出来上がり。
(ちなみにタレはポン酢とめんつゆを1:1で割り、粉末の鰹だしを混ぜたモノで代用)

見た目はスモジの昆布ナッツっぽいけど味はどうかな~?と食べてみたら美味いじゃん。
麺がラーメン二郎と違ってモシャモシャしておらず、ツルンとした食感なので違いはあれど、
トッピングの具材の味は殆ど一緒。いわゆる家二郎の昆布ナッツverスープ抜きって感じだよね。

塩昆布の甘い塩加減と代用カツオタレのしょっぱさが玉ねぎに混ざって実に美味い。食べた後に残る
生姜の爽やかな味わいもイイ。子どもたちはガリゴリしたピーナッツの食感がウケていた。

途中で刻んだシソの葉をトッピングさせて食べてみると、これまた美味いんだわ。
元々オレは紫蘇が好きなのだが、この風味が昆布ナッツと超絶マッチだよ。
(もしもスモジ親方がこのブログを見ていたら真似していいよとか言ってみたりして)
本来であれば昆布ナッツはつけ麺のトッピングなのでスープにつけて食べるものだけど、
下味(カツオのタレ)が付いているので混ぜそばっぽく食べるも全然あり。

昆布ナッツのトッピングはつけ麺だけでなく素麺でも使えそうなので今度試してみようっと。
しかしホント、こんなトッピングメニューを考えるスモジ親方はすげーわ。
普通はピーナッツ入れようなんて思いつかないもんよ。