Publisher Studio

2017/11/27

---【大手町で食べ放題】 もうやんカレーで1,050円ランチブュッフェ




東京は大手町駅のC10出口から徒歩1分の大手門タワーJXビルB1F内「もうやんカレー大手町店」に行ってきた。

店舗に着いたのは11時半ちょっと過ぎにも関わらず既にサラリーマンが何人か並んでいた。
いわゆる昼休みフライングの早飯ランチ組ってのかね?

ランチタイム(11:30~15:00)はおかわり自由のブッフェ方式で店内での食事だと1,050円、
テイクアウト弁当はプチ容器が630円で大弁当が1,000円。
なお心得があって「フタが開くほど入れない」「カレーを入れるのは丸だけ」「プチ容器で溢れるほどの
ムチャ盛りをしたら大盛り分(980円)の支払いになる」なんて書いてあった。

店のシステムは入店時に会計の前払い制。料金は税込み1,050円。税8%じゃないのね。
お皿は1人1枚で途中に皿を変えたりカレー用サラダ用と分けるのは不可。もちろん食べ残しNG。
男性はルイボスティーとコーヒーだけ飲み放題だが女性と子供はドリンクバーも飲み放題。

会計とともに皿を渡され「カウンター席にどうぞ」と席を指定される。
1名だとカウンターなのか?と思いきや1人で2名テーブル席を案内されていたりとまちまち。

店内はカウンター以外に数名掛のテーブル席の構成。場所柄から客層は殆どがサラリーマンとOL。
天井にミラーボールが回りBGMは80年代のJ-POPが流れる。聞き覚えのある曲はつい頭の中で歌っちゃうね。
ちなみに皿の大きさは貰ったカードと見比べて貰えは分かるけど、かなり大きい。

食べ放題のメニューだけど、五分つき黒千石米やキヌアライスから始まりジャガイモ、
メインのもうやんカレー4種(ポークのバラ肉・ホホ肉、ビーフの牛タン、激辛20辛ソース)と進む。



続いて奥にタンドリーチキン、もうやんおうどん、タマネギらっきょうなどのサイドディッシュを取って
最後にサラダバーの流れとなる。サラダの種類はそんなに多くないというか惣菜だね。

そういえばブュッフェ台が狭くて後からおかわりに行くのは大変かと思いきや、実は裏側が通れると知る。
だからキアヌライスのフタが反対側から開くようになっていたんだと納得。

さて初めてもうやんカレーを食べた感想だけど、もったりした濃厚な欧風カレーだね。
小麦粉を使わないグルテンフリーにも関わらずドロドロ感があるのは、野菜が溶けているとのこと。
スパイス風味はあまり感じないけど独特な甘みのある、ある意味クセがあるカレー。
故に好みが分かれるかな?オレはこの濃い味は好きだけどね。

選んだカレーはポークほほ肉とビーフ牛タンの合盛り。
じっくりと煮込まれた牛タンがメチャクチャ柔らかくて美味い。気に入った。

ホホ肉も柔らかいのだけど牛タンのホロホロ具合には及ばないかな?
とはいえ、この柔らかさはラーメン二郎で出てきたら神豚レベルだと思う。
ところでポークもビーフもカレーの味は一緒なのね。単に具の違いだけなのね。
あとオレは辛いのが苦手なので激辛20辛ソースは止めておいた。

おかわりはキアヌライスと牛タンのネギぶっかけ、じゃがいも添え。
カレーうどんにネギが合うんだもん普通のカレーにも合うさ。だから置いてあるんだね。
卓上にある「アンチエイジング抗酸化作用」って何のこっちゃ?と見たら単なるゴマだった。
あと漢方スパイスをやたら推しているので入れてみたけど、あんまり味は変わらんな。
ところで周りを見ると、意外とおかわりに行かない人が多いのね。
最初からドカッっと山盛りで持ってきてガツガツ食べてサッっと帰る率が高い。
やはりオフィス街千代田区という場所的に昼飯はさっさと済ませて後はノンビリって感じかねぇ?
食べ放題の時間は一応は無制限なのに長っ尻する人もおらず皆スマートだわ。

それと「大手町界隈で1,050円で食べ放題」ともなればランチタイムは行列必須かと思ったけど、
12時を過ぎても店内には空きスペースが割とあったりで、それほど混雑はしていなかった。
確かに並んでまで食べるほどでもないし貴重な昼休みも無くなるもんね。これも場所柄なんだろうな。